体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

顔なじみのいいピンクを極める、冬にホットなメイクカラーは?

f:id:maipmaip:20151129114811j:plain
さぁ、北海道では44センチも積雪があり、東京も冷え込みがひどい時期になってきました。
最近は都会でもグッと気温が下がることも多く、通勤や通学に大きな影響を与えていますよね。

さて、そんな「白い息」が見られる朝の風景です。
コーディネーション関係も、モノクロやグレー、ミルクティベージュなどの、冬らしい色が流行ってきます。
サシ色のビビットカラーを使ったりもする時期ですが、メイクのチークやシャドーのカラー、季節ごとに気にしていますか?
仕事などの公共の場になると、どうしてもおとなしい、まとまりのいい色を選択しがちで、メイクも然り、ブラウン系や薄いクリーム系などでまとめて「何処にでもいるような」を演出してしまってはいませんか?

本日は、冬に似合う「ピンク」のお話。
あなたは、貴女に似合う「ピンク」でお顔を彩っていますか?


f:id:maipmaip:20151018105104j:plainピンクの幅は広い!

ピンクと言えども、メイク用品にもいろいろ。
簡単に思い浮かべるものと言えばチークカラーでしょうか。
赤色に近いローズ。オレンジ風味のピーチ。青色系統ピンクやヌーディーでシャドーにも使えるものなど…
ルージュに置き換えてみればさらに色は無限大ですよね。

貴女が使っているのは主に何系統のピンクでしょうか。
大抵、肌なじみの良くて一番人気の赤みの薄いピンクではないでしょうか。

f:id:maipmaip:20151018105104j:plain似合う色を見つける

www.cosme.net
本日は上記のシャネルの商品であなたに似合う色を見つけてみましょう。

72ローズイニシアルは所謂王道カラー。
もともと平均的に黄色身の強い日本人の肌になじみを発揮するやわらかめのローズです。
大抵の人はこれを選びますが、本日は少し冒険してみましょう。

74ウルトラローズ。あなたは肌の色が白い方ですか?
一般的な目線からみて「美白」である、というあなたには青色カラーがお勧め。
雪に花咲くエレガントなバラの色を彷彿とさせるでしょう。
黄色みの強い肌には発色しにくいお色で、尚且つ濃いめのこちらを乗せると老けてしまいます。

自然に見せたい方は250クレシェンドへ。
薄めの化粧がお好きな相方様とお出かけの際は、自然で尚且つ透明感をアピールできるこちらの色がお勧めです。

黄色身が強い人でも透明感をあげたいなら 69フルールドゥロテュス。
春にもお勧めですが、柔らかで少女的な優しさを演出したいならば、薄く綺麗にぼかして使ってみてもOK。
元気さや情熱を表したいのならば、71マリスです。
ポンポンと局所的に使うことで「ハッ」とするようないろどりの演出が可能。

f:id:maipmaip:20151018105104j:plain組み合わせの注意

チークとルージュは引き算メイクが重要なポイントです。
チークに濃い色を持ってくるのなら、ルージュはヌーディーなお色に。
薄い色を持ってくるのであれば、今流行のポップなカラーでアクティブに見せてもいいし、
グリッターやパール入りの似た透明感のある色で合わせ、少女っぽさをたかめてもいいでしょう。