体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

宇宙食にもなっている健康食品「スピルリナ」とは?摂取方法や副作用などまとめ

 ”スピルリナ”皆さんはご存知でしょうか?
近年では健康食品としてインターネット通販や専門店だけではなく、ドラッグストアでも気軽に購入する事が出来るので店頭で目にした事がある方も多いかも知れません。

名称は聞いた事があっても手に取ったことは無い、と言うあなたは勿体ない!
100%自然の恵みが詰まった栄養豊富なスーパフード”スピルリナ”の魅力を紹介します。



植物?生き物?スピルリナの正体とは

一般的に私たちが目にするスピルリナの形状は、濃い緑色のタブレットタイプかパウダー状になっている事が多く一見すると青汁の様にも見えます。f:id:kusanagitoki:20151123094728j:plainf:id:kusanagitoki:20151123094752j:plain

ですが実は別物、スピルリナは藍藻綱ユレモ目の幅 5-8μm、長さ 300-500μm ほどの「らせん形」をした濃緑色の単細胞微細藻類。なんと約30億年前に出現し地球上に最初に出現した原始的な原核生物と言われており、現在でもアフリカや中南米の湖に自生する熱帯性の藻類です。
f:id:kusanagitoki:20151123094825j:plain
現在私たちが利用しているスピルリナの多くは本来のスピルリナ属では無く、近緑のアルスロスピラ属の藍藻ですが以前はこちらがスピルリナ属に所属していたためにスピルリナの呼称が定着し今に至っています。
スピルリナが世界的に注目を浴びるようになったのは1940年以降で、1967年には国際応用微生物会議でその健康性が取り上げられ話題となりました。現在では食品や色素として人工的に培養・生産されて活用されています。

スピルリナの栄養素は?安全なの?

スピルリナは100種類以上の栄誉素が含まれている事から世界で最も完璧な食品と言われており、その有用性はNASAが宇宙食として選びなんと宇宙での栽培も検討している事からも明らかでしょう。
主な栄養素は良質な植物性たんぱく質でその含有量は60~70%、大豆(粉状)のたんぱく質含有量がおおよそ35%程度、牛肉や魚の動物性たんぱく質含有量と比較してもおおよそ3~4倍と非常に優秀です。
また、レバーの3~4倍の高濃度のビタミンB群、ほうれん草の約25倍の鉄分やその他のミネラル、脂肪の酸化を妨げるビタミンEや人参の10倍ものβカロチン、コレステロールを下げ、心臓への負担の軽減に役立つガンマリノール酸, 非酸化ヒコシアニンなども豊富です。必須アミノ酸を含む18種のアミノ酸を全て含有しており主にたんぱく質とミネラルの優良な供給源として認められています。
その他にも免疫向上・アンチエイジング。抗炎症作用・便通改善や肥満予防・コレステロール低下効果等もあるとされていますがこれらに関してはまだ研究中の物も多いので今後の発表に期待しましょう。

摂取方法は?副作用や危険性は無いの?そんな疑問に答えます!

スピルリナは基本的に100%自然食品ですから年代や性別を問わずに使用できますが、以下のような方は使用を控えたり事前に医師に相談する事をお勧めします。

・スピルリナの使用に気をつける必要のある人

①副甲状腺機能亢進症の人
②海産物へのアレルギーのある人
③アレルギー体質の方

f:id:kusanagitoki:20151123095245j:plain

主な摂取方法はタブレットやパウダー状のサプリメントとなりますが、サプリメントを選ぶ際はオーガニック認証を受けて品質が保証されている物や日本法人を通して正規で輸入された製品を選びましょう。保存方法や使用期限、使用量に関してもきちんと指示に従って使用する事が大切ですが、主に共通する摂取方法を以下に挙げておきますので参考にしてみて下さい。

・スピルリナ使用法

①水かぬるま湯と一緒に摂取(ジュースや清涼飲料水、コーヒー、紅茶、または緑茶との使用は止めた方が良い)
②スピルリナの使用後30分はスピルリナの栄養や酵素を壊すアルコール
やコーヒー、清涼飲料水を避ける
③通常より500㏄多めの水を飲む(喉の渇きや便秘を防ぐため)

スピルリナは私たちの健康を補助する上で役立つ食品ですが、体質や体調によっては以下のような症状が出る可能性があります。このような場合はすぐに摂取を中止し、必要であれば医師の診断を受けて下さい。
安全安心に健康補助に役立つスピルリナを試してみてはいかがでしょうか?

・副作用(の様に思える症状)

①熱っぽさ、ふらつき
②水分不足による喉の渇きと便秘
③腹痛、肌のかゆみや湿疹等
④下痢や胃の不快感