読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

冬風邪を防ぐ食べ物は黒ゴマ!胃腸も守って美容にも効く黒ゴマパワーとは?

f:id:maipmaip:20151103163112j:plain
さて、北海道では雪が降り、どんどん冬の気配が濃くなってきましたね。
本日は冬にお勧めの温かい飲み物を紹介。
美容に効くもの、冷えに効くもの。
毎日口にするものだからこそ、毎日の体作りに必須不可欠なものです。

そのなかで、「おいしければ続けられる」というのは女性として大きなポイント。
苦いのは苦手、変わったものもなかに難しい…という忙しい女性におすすめの気軽な飲み物をご紹介。



f:id:maipmaip:20151018105104j:plain黒ゴマラテ

黒ゴマ…!というと濃厚で、アイスなどにもよく使われる、今は定番のアイテムです。
ゴマが体にいい。ということはなんとなく知っているかもしれませんが、結局何に効くのかご存知でしょうか。

セサミンで代表的な作用は、「抗酸化作用」です。
つまり、細胞がさびたりする物質を取り除く酵素。
実は女性ホルモンと似ていることで有名なイソフラボンにも負けず、
またセサミンも女性ホルモンに似た効果があるということで最近は更年期障害の治療も期待されているとか。

といっても、少々オシャレなところに行けば黒ゴマラテを目にする機会は増えましたが、日常では普及しきっているとは言えません。mognavi.jp
コンビニなら気軽にお手軽に変えてしまうのでナイス!
ちょっとなんかのみたいな。と思ったら、黒ゴマラテはいかがでしょうか。

f:id:maipmaip:20151018105104j:plain黒ゴマだからこそ!のパワーとは

黒ゴマ…セサミン…というと、金胡麻でも白ごまでもいい気がしますよね。
そして、抗酸化作用だけについて言えば、他の食品でも代用できるものもある気がします。
そんなわけで、ここでは黒ゴマだからこそ!のパワーの説明です。

抗酸化作用の食品には、水溶性と水溶性ではないものに分かれます。
抗酸化作用の代表は「ビタミンC、カテキン、アントシアニン」。これらは水溶性であり、水分に溶けやすいのです。
ですから、煮詰めれば溶けてしまい、体の中で採りすぎれば体外に排出されます。
食べて体に入れる量と、体の中で使われる量との間に差がある。そして、体に入るまでもなく消えていく分もあるということ。

しかし、ゴマだけに含まれる「ゴマリグナン」は血液中では効果を発揮しません。
『内臓に届いてから』効果を発揮するのです。
これは、実は大きい。
お酒の飲みすぎて肝臓をやられて顔色の悪い人、必然的に夜起きている人も多かったりして、ダメージが多いことは高確率でイコールです。

「あ、じゃあお酒を飲まない人は関係ないのか」
というと、まだ続きがあるのです。
実はこのゴマリグナン、肝臓の中で脂肪を分解することを助ける物質なのです。
肝臓をやられている人は、太りやすく内臓から老けていく…ということなんですね。

CMではよく、年配の方向けに胡麻の通販型健康食品を売っている為、どうしても若い人が進んで飲むものではない気がしてきますね。
ですが、実際は「悪くなる前に予防するもの」であり、老ける前から始めることが大事になってきます。
今日からは是非、なんでも黒ゴマを掛ける程度に(笑)意識してみてください。

なお、採ってしまいたい量…の理想値はやはり、人体が毎日とれる量よりはるかに上の方です。
だからこそ、健康食品なんかを利用するのも一つの手だと筆者は思います。