読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

体脂肪率を10%落とすダイエットとは?ダイエット成功体験談

わたしの場合、ダイエットの目標は体重を10キロ落とすことと、体脂肪を現在の25%から15%にすること、さらに6つに割れたカッコいい腹筋の体を手に入れることでした。

それでまず始めたのが、30分のウォーキングと腹筋運動でした。ウォーキングは有酸素運動なので脂肪を燃焼させることができ、体脂肪が減るだろうと思ったのです。腹筋も毎日20回を3セット行いました。

これを2ヶ月間続けていたのですが、体重に変化は全くみられませんでした。
確かに少し、お腹の部分が引き締まったように見えるのですが、体重も体脂肪も変化なしです。それでインターネットでいろいろ調査してみると、体脂肪を落とすためには、基礎代謝をあげなければならないこと、そして基礎代謝を上げるためには筋トレが最も効果的なこと、筋トレをするのであれば筋肉が最も大きい太ももから始めると効果が絶大であることがわかりました。

それでダイエットメニューを変更することにしました。



ウォーキングをやめてその分筋トレに時間を費やすことにし、基礎代謝を上げることに全力を尽くすことにしました。
それで毎日スクワット20回を3セット、次に片足でのスクワット10回を3セット、さらに10キロのダンベルを持って仕上げに20回を1セット行いました。最初の頃は足がプルプルして大変でしたし、筋肉痛もひどかったのですが、次第にらくらくこなせるようになってきました。

そうなると負荷をもっとかけるために、セット数を増やしていきました。このようにして最初の基礎代謝が1300ほどだったのが、1ヶ月後には1500くらい、2ヶ月後には1600くらいと、どんどん増えていきました。

この2ヶ月で体重も2キロマイナスになっていました。でも腹筋運動をしていなかったせいで、お腹のほうはまだまだたるんでいました。それでこのころから腹筋運動も追加しました。でも普通に腹筋をしてもほとんど腹筋には負荷がかかっていないと学んでいました。

腹筋にできるだけ負荷をかけるために、息を激しく吐きながら行いました。また普通の腹筋運動は腹筋を丸く曲げているだけで効果が弱く、腹筋は縦に負荷をかける必要があるとも学んでいたので、そのために足と手をあげて、手に載せた物を強く押すような感覚で腹筋を行い腹筋に縦の負荷をかけるようにもしました。

これらの腹筋を10回2セットずつを毎日おこないました。
これを1ヶ月続けると、うっすらとお腹に縦の線が見えるようになってきました。しかしまだ脂肪が多く、特に下腹や脇腹は肉がたるんでいました。それで体脂肪を落とすために、30分のウォーキングを再開することにしました。このようにして6ヶ月後には目標だった体重10キロマイナスと体脂肪15%、そして6つに割れた腹筋を手に入れることができました。

このようにダイエットに成功したことによるメリットは、まず見た目が断然かっこよくなったということ、さらに毎日体調がよく体が軽くなったことです。ダイエットと筋トレを効果的に行って本当によかったです。