読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

ウォーキングを長く続けるコツとは?歩数計を使ってモチベーションを維持しよう

私がいままでに行ってきた運動やダイエットで効果的だったものをご紹介させて頂きたいと思います。

【ウォーキング】

この季節、暑くも寒くもなく風を切りながら外を歩くのはとても気持ちが良いですよね。ただ歩くだけなので特に気合いの入った服や靴もいりません。

体に大きな負担もかからないので、現在は体力がないよ、という方も気軽に始めたり続けたりしやすいと思います。私はウォーキングを始めてから数年が経ちますが、未だに続けられている一番の健康法です。

ここからは自分自身長く続けられたなと思うこつをいくつか書いてみたいと思います。



まずは一緒に歩くパートナーを見つけられた事でしょうか。こういった地味な運動は一人でやっているとどうしても面倒になったりしてそのままやめてしまうケースが多いのではないかと思います。
そんなときに楽しくおしゃべりしながら運動したり、励まし合って運動したり出来るパートナーがいると随分と継続率も違ってくるのではないでしょうか。

次におすすめなのが歩数計などを用いて記録をするということです。歩数計単体でもホームセンターや薬局などでも気軽に購入出来ますし、今時はスマホでも記録が出来ます。そういった機器を利用し、日々の記録を取りグラフにしていく。その記録を見直す事で自分の行動を反省したり気合いを入れたり出来るのではないかと感じます。

具体的な私のやり方としては、毎月歩行距離をリセット。日々の歩数から歩行距離を計算し累積していく。そして当月の目標や他の月との歩行距離を比較して、今月は頑張っているなとか、ちょっと足りないからもう少し頑張ろうとかという気持ちを持つようにします。こういった集計作業はパソコンが大得意なのでお使いになれる方は利用してみるといいかもしれませんね。

ウォーキングには血糖値を下げてくれる効果もあります。通常血糖はインスリンの力を借りて各細胞に取り込まれていくのですが、食べ過ぎ飲み過ぎの状態になると、インスリンでの取り込みが追いつかなくなり血管内に糖が蓄積したりします。

これが糖尿病と言われるものの状態です。ウォーキングをして心拍数をある程度高いところで維持すると、インスリンを使わずとも各細胞に糖を吸収せよという命令がだされ、結果的に血糖値をさげることになります。

このことからウォーキングは糖尿病予防や改善にかなり効果があるとも言われています。

また「老化は足腰から」と呼ばれる言葉もありますね。人間、全身の筋肉の70%は下半身に集中していると言われています。ウォーキングにより、こちらの筋肉を積極的に鍛えていくことによりエネルギーの消費効率が高まり肥満防止になったり、ご年配の方であれば健康寿命を延ばすといった効果も期待できるのではないでしょうか。

特に準備もなく、手軽に始められるウォーキング。まずは体に負担のかからない程度の目標を立てて挑戦してみてはいかがでしょうか。