体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

登山を趣味にしてダイエットに成功。体重を減らすには登山がオススメな理由とは?

f:id:moguhausu2:20150510110801j:plain
35歳を過ぎたあたりから太り始めて悩んでいた頃のことです。

食事制限によるダイエットでは体重が減ってもすぐにリバウンドしてしまい失敗でした。やはり運動しないとダイエットには成功しないと思い、有酸素運動としてウォーキングを始めてみたのですが毎日となると仕事もあるので中々できなかったです。

そこで休日だけ登山することにしました。
丁度自宅の周りに初心者でも手軽に登れそうな山がいくつかあったのも登山を選んだきっかけとなりました。

今回は私が登山を趣味にしてダイエットに成功した体験談を語ります。



初心者向けの山を選ぶ

まずは形からと思い、トレッキングシューズと上下の服を購入です。

登山ではトレッキングポールと言うストックを使うと登りでは推進力に使ったり、降りでは支えに使ったり、バランスを取ったりするのに便利です。

一本から購入できますがトレッキングポールを両手に持って登山したほうが体が楽だと思い、2本購入しておきました。

早速週末になったので出かけてみると、意外と登山客の方でたくさんです。登山口の近くまで車で行かれるので、すぐに登山を開始できます。登山口で住所と名前と登山の開始時間を書いてから登山を開始すると、丁度紅葉の時期と言うこともあり素敵な景色を眺めることが出来ました。

空気はヒンヤリしていますが登り始めると暑いくらいです。
ただ街中をウォーキングするだけより、景色など楽しみながら歩けるのが登山の良いところです。体重が増えている状態だったので、登りはかなりきついものがありましたが1時間半ほどで頂上に到着することが出来ました。

頂上からの眺めも素晴らしく、今までの疲れが吹き飛びます。頂上でおにぎり昼食を取り、20分ほど休憩したら下山開始です。

登りと違って体力的にはきつくないですが、トレッキングポールで支えにしながら降りても結構足の筋肉を使います。
両手の筋肉も使いますので登山では足も手も鍛えられそうです。登りは1時間半も掛かりましたが降りでは1時間ちょっとで登山口まで戻ることが出来ました。

登山口で書いた紙に到着時間を書いて、車に乗り自宅へと向かいました。

途中で日帰り入浴ができる温泉施設があったので寄ってみると、温度が丁度でとても気持ちが良かったです。

翌日から筋肉痛

翌日になると足も手も筋肉痛がすごいです。

普通に歩くだけでも痛いくらいですが、これくらいの筋肉痛が出るならダイエット効果も高そうです。
体重計に乗ってみたら1㎏減っていました。
一度の登山で1kgも減るのならかなり良いダイエット方法だと思います。

筋肉痛は癒えるまでに1週間くらい掛かりましたが、その後にまた違う山に登山に行きました。

今度は前回より少しレベルアップと言うことで2000mちょっとある山です。山の中腹にある登山口からなので600mほど登ることになります。山の頂上は前回と比べるとかなり遠く、休憩を何度も挟みながらだったので3時間半も掛かりました。

かなり体力を使いましたが前回で鍛えられたのか、20分も休憩するとすぐに元気が戻ってきました。下山は3時間も掛かりませんでしたが、合計で6時間半もの登山です。

今回もかなり脂肪が燃焼されたためか1kgちょっと体重を減らすことが出来ました。
2週間で2回の登山で合計2kgのダイエットに成功することが出来たので登山を始めてみて良かったです。

関連記事

筋肉を鍛えて体脂肪率を落とす、二の腕や腹筋を引き締めるなら、筋トレの最新器具「SIXPAD」も効果があり続けやすいのでオススメです。
テレビを見ながら、あるいは家事や読書をしながらでも筋トレが出来る最新の装着型の筋トレグッズで、今最も効果があると言われています。
詳しくは下記のまとめ記事を参考にして下さい。www.otonanomana.net