体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

夜眠れないor眠りが浅い不眠症を治す方法。睡眠薬に頼らない自然療法で治療できます

f:id:moguhausu2:20150703091753g:plain
 睡眠は人間にとって大切な機能の一つです。
 日々の疲労やストレスを回復するだけでなく、自律神経の調整、ホルモンバランスの調整、記憶の定着、免疫機能の回復など様々な役割を果たしています。しかし、ストレスの多い現代社会では不眠症になってしまう人も少なくありません。

「夜寝付きが遅いくらいで不眠症?」

 と思う方もいるかと思いますが、夜寝付きが悪い、昼夜逆転気味になっている、夜眠いのに寝られない、夜中に目が覚めてしまう…といった症状は睡眠障害と呼ばれ、立派な不眠症の一つなのです。

 不眠症により睡眠不足になってしまうと、身体に悪影響が出ます。肥満、糖尿病、高血圧などの病にかかるリスクが増えてしまいますし、疲労、ストレスの蓄積、それにともなう集中力の低下。
 そして一番怖いのはうつ病の発症リスクが8倍近くにあがってしまうことです。

 うつ病の患者の7割近くが不眠症を患っており、昼夜逆転、もしくは短い睡眠時間で自律神経をすり減らしています。

 今回はそんな不眠症を睡眠薬なしで治すにはどうしたらいいのか治療方法を紹介します。



不眠症の4つのタイプ

 不眠症には『入眠障害』『中途覚醒』『早朝覚醒』『熟眠障害』の4つのタイプがあります。それぞれのタイプが複合して出る場合もあり、これらの症状に当てはまった人は不眠症です。

 入眠障害は、布団に入ってもなかなか寝付けない、という症状です。
 仕事や生活の中でプレッシャー、ストレスを感じる人に起こりやすく、不眠症の初期症状とも言われています。寝付けないことで、さらに不安、イライラがつのり、不眠症を加速させてしまうので厄介な症状と言えるでしょう。

 中途覚醒は、寝付きは問題なくても夜中に目が覚めてしまう症状を指します。
 睡眠から2時間、3時間後にトイレやなんの気もなしに覚醒してしまい、その後、入眠障害に陥ります。こちらも、精神的に不安や圧力を感じている人や、うつ病の患者に多く見られる不眠症の症状です。

 早朝覚醒は、朝起きるべき時間よりも早くに起きてしまう症状です。上記の症状より軽めですが、結果として睡眠時間が短くなるので、昼間の集中力の低下、疲労の蓄積などが問題になります。
 高齢者に多いとされていますが、社会人もかかる不眠症の症状です。

 熟眠障害は「ちゃんと寝たのに寝た気がしない」という症状です。
 自分は眠っているつもりでも、眠りが浅い時間が長く睡眠の機能がきちんと働いていないことが原因です。眠れるのに不眠症、と言うとおかしな感じがしますが、これも立派な不眠症の一つです。

不眠症の原因を知り改善しよう

 不眠症の原因は様々ありますが、一番多いのが心理的要因です。
 ストレスや不安から入眠障害に陥り、さらに眠れなかったことを不安に思うことで深い不眠症になってしまうパターンです。

 他にも、かゆみや痛みで、呼吸困難、不眠症で眠れない身体的要因や、環境の変化によって落ち着けず眠れない、光や騒音が原因といった環境が原因で不眠症に陥る生理学的要因などがあります。アルコールやカフェイン、薬の副作用など、なんらかの過剰摂取が原因にもなりえます。

人はどうやって睡眠時間を決めているの?

 もう一つ、不眠症の原因とは違いますが睡眠の仕組みを理解しておくことも不眠症解決に役立つので簡単に解説します。

 人間の睡眠時間、眠気の訪れは2つの事柄で成り立っています。

 1つは『睡眠恒常性維持機能』です。
 これは起きている時間に睡眠物質が体内で発生し、それが脳に眠気の指令を出すことで眠気を感じる、というものです。

 運動をしたりして、疲れている日はぐっすり眠れますよね。身体的疲労と睡眠物質はリンクしていると言われており、この睡眠物質を日中にためることで不眠症を解決できます。

 睡眠物質は30種類以上あると研究者の間で言われており、その物質の詳細はすでに明らかにされています。
 いくつか例をあげると、アデノシンやプロスタグランジンといった物質が眠気を誘う睡眠物質となっています。

 また、『メラトニン』は最も有名な睡眠物質で、暗くなると出てきて眠気を呼び起こします。睡眠薬の多くは、このメラトニンを刺激して促進する機能を持っています。
 例えばパソコンやスマホなどの強い光を浴びていると、メラトニンが排出されず、不眠症の入り口を作ってしまうことになります。そのため寝る前のスマホいじりは、リスクの高い行為なのです。

 2つめは体内時計というシステムです。
 これは皆さんもご存知の通りかと思いますが、人間の体内には生活を決めるリズムがあります。例えば、朝7時に起床することを習慣化していれば、体内時計が朝7時起床にあわせてセットされ、目覚まし時計がなくても7時前後に覚醒するようになる、といったものです。

 この体内時計がずれてしまうと、昼夜逆転のリズムに固定化されてしまい、不眠症やうつ病の原因になります。
 体内時計をなおすことが不眠症解決の目的になります。

不眠症を治す方法とは

 不眠症をなおすには、まず朝起きる時間を固定することです。
 眠くても無理やり朝に起きて朝日を浴びることで、体内時計をリセットさせなければ不眠症は治りません。徹夜をして体内時計を一周させる方法は効果が薄いので、ちゃんと眠って起きる、というサイクルを無理にでも行わなければ不眠症は治りません。

 夜眠れない症状を緩和するために、お風呂もきちんと入りましょう。
 シャワーだけだとダメです。お風呂にゆっくりつかって、体温をあげて血行の流れをよくすることで入眠を促進します。

 また、夜寝る前に睡眠薬を飲むのではなく、自然なハーブ配合で作られた睡眠促進のドリンクを飲むと効果的です。現在、製薬会社の間でハーブの効果が研究されており、不眠症の治療にも効果があるということが分かっています。
 ハーブを配合したドリンクはリラックス効果だけでなく、体温を温めたり、自律神経を落ち着かせる効果があるので不眠症の治療には効果が大きいです。

 おすすめの睡眠促進ドリンクはSuyattoというハーブ配合のドリンクです。

休息不足に24種類のハーブの力【Suyattoハーブの休息】



 Suyattoはストレスを鎮めるユリ根や疲労回復効果があるナツメなど、自然にあるハーブを配合して作られた入眠用ドリンクです。生活リズムが崩れ、睡眠の質が悪い人や、寝つきが悪い入眠障害の人向けに研究された休息用ドリンクなので、睡眠前に飲むドリンクとしては効果が最も期待できます。

 ハーブ成分を中心にしているので、睡眠薬のように常習性もありませんし、ホットミルクや市販のハーブティーよりも休息の質のアップ、入眠の手助けに特化しているので、重い入眠障害の人にこそ効果がありおすすめしたいドリンクです。
 身体に優しく負担が少ないので、自然に身体の生活リズムを整えることができます。

 また、こういったドリンクは飲みにくい・苦いことが多いですが、Suyattoは飲みやすさにもこだわっており、ハーブティーのような味わいで美味しく飲める味になっています。
 適量である付属のカップ一杯を飲むだけで、配合されたハーブの成分が身体の巡りと神経の状態を改善し、入眠をしっかり手助けしてくれます。

 寝付きを良くするには、ぜひこれらの習慣を心がけましょう。
 ぜひ睡眠の質、寝付きの良さを改善して、睡眠の悩みを解決しましょう。