体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

デンタルフロスで虫歯と口臭を防ぐことのオススメ。歯と歯の間をしっかり磨こう

f:id:nariking1017:20150910080621j:plain
虫歯予防に歯磨き以外でおこなっていることはありますか?
近年、通常の歯磨きに加え、デンタルフロスを使用している方が増えてきているようです。


デンタルフロスとは、通常の歯磨きでは清掃しにくい歯と歯の間の歯垢などをきれいにするための道具です。
実際に歯科医に勤められている方の間では日常的に毎日欠かさずおこなっている虫歯予防のひとつになっていると聞きます。
そんなデンタルフロスにはどのような効果があるのでしょうか。

私たちが普段からおこなっている歯ブラシを使用した歯磨きでは、口の中にある歯垢を約60パーセント除去できると言われています。
この60パーセントという数字が高いと思うか、低いと思うかは人それぞれだと思いますが、この数字をいかにして100パーセントに近づけるかが大事だと言えます。
虫歯は、口の中の細菌によって引き起こされますが、そのほとんどは歯と歯の間から発生しているのをご存じでしょうか。

歯と歯の間は、当然通常の歯ブラシではなかなか磨けない場所になっています。
そのため、普段からデンタルフロスを使用しない人は歯の間の汚れだけがどんどん溜まっていき、少しづつ虫歯が進行していくのです。

その証拠として、はじめてデンタルフロスを使用した方は歯と歯の間の歯垢を落としたデンタルフロスがすごい臭いがしたという話をよく耳にします。
しかし、毎日のようにデンタルフロスを使用していくと、そのような臭いはしなくなっていくのです。

これは虫歯だけでなく、口臭予防にも効果的です。
口臭の原因として口の中の汚れがありますから、それを除去できれば口の悩みも解消出来ます。

このことからもデンタルフロスを使用していない方の歯と歯の間の汚れがいかに古いものなのかを伺い知ることができます。

私たちの歯に溜まった歯垢の1mg中の細菌の数は、なんと約10億と言われています。
それだけの細菌が私たちの口の中に滞在しているのです。
また、日々デンタルフロスを使用することを習慣付けることは、綺麗な歯を保つということ以外にも、虫歯の早期発見にも繋がります。
デンタルフロスで歯と歯の間を綺麗にしている時に、ざらつきを感じたり、どこかひっかかりを感じたり、すぐに糸がばらけてデンタルフロスが使えなくなったりする場合は要注意です。
歯と歯の間から虫歯が進行している恐れがあります。
通常は、歯の痛みや歯の表面の黒ずみなどによって虫歯を発見することができますが、デンタルフロスを使用していればこういった通常では発見できない虫歯を早期発見できるのです。

言うまでもありませんが虫歯はいかに早く発見し、いかに早く治療などの対処をおこなうことができるかが大変重要な病気です。
発見が遅れれば遅れるほど虫歯は進行し、最悪の場合は、歯を失うことになってしまいます。
一度失ってしまった歯は二度と元に戻ることはありませんので、いかにして毎日の歯のお手入れをおこない、歯垢を除去できるかが重要なのです。

今までは普通の歯磨きしかおこなってこなかったという人は、ぜひこの機会にデンタルフロスによる歯のお手入れを習慣づけてみてはいかがでしょうか?