体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

虫歯を放置するとどうなる?歯茎を切開して顎の骨の治療になったら激痛は避けられない

f:id:nariking1017:20150913200149p:plain
虫歯が進行すると酷い痛みを伴いますが、歯の神経が完全に死んでしまうと痛みはなくなります。
そのため、痛みのなくなってしまった虫歯をそのまま放置している方も少なくはないのではないでしょうか。
実は虫歯を放置しておくということは大変な危険が伴うことなのです。
ここでは、虫歯を放置しておくことの危険性について解説させていただきます。


虫歯は口の中にいる虫歯菌の酸によって歯を溶かされることで発生する病気です。
元々歯は、エナメル質というとても硬いものでできているのですが、食事をすることで口の中が酸性になり、そうなると歯が溶けやすい状態になってしまいます。
そうして、虫歯によって歯が溶かされると徐々に歯に穴が空いてきます。
歯に開いた穴が歯の神経に達すると、はじめは冷たいものなどを食べた時に歯がしみ始め、さらに虫歯が進行すると何もしない状態でもジンジンとした激しい痛みに襲われるようになります。
また、虫歯は歯に穴を開けるだけでなく、進行しすぎると歯の全体を溶かし始め、しまいには歯そのものがなくなってしまうのです。

さらに、そのまま放置し続けると根元だけになってしまいます。
もちろんそこまで虫歯が進行すると歯を治療することは不可能になり、抜歯するしかありません。
このように虫歯が進行しすぎると歯の治療が困難になってしまうだけではなく、歯が一部分なくなることで噛み合わせが悪くなり、頭痛や肩こりなど虫歯以外の症状も引き起こしてしまいます。
また、歯は噛み合わせがおかしくなると正常に戻すために、歯のない箇所に隣の歯が倒れこんできたり、伸びてきたりとさらに歯のバランスが崩れてしまう恐れもでてきます。

虫歯を放置しておくことで引き起こされる恐ろしいことがおこるのは、口の中だけではありません。
虫歯が進行し根元まで届くと虫歯菌が顎の骨まで到達してしまいます。
そうなると顎の骨まで炎症を起こしてしまう恐れもでてくるのです。

しまいには、顎の骨が溶けて腐れてしまい、膿もでてきます。
顎の骨が虫歯菌に侵されると激痛を伴うだけでなく、発熱などの症状もともないます。
そうなってしまうと、虫歯の治療だけでなく、歯茎を切開し、顎の骨の治療をおこなわなければならなくなってしまいます。

その他にも歯や歯茎には血管が通っていますので、虫歯菌が血管の中に入り込むと、恐ろしいことに虫歯菌が血管を伝って全身に行き渡ります。
実はそれが原因で心筋梗塞や脳梗塞などの虫歯よりもさらに恐ろしい病気を引き起こす原因になってしまうのです。

このように虫歯は口の中の病気と思われていますが、それ以上の危険性を含んだ恐ろしい病気だという認識が必要です。
虫歯は一度発症し、発見が遅れると完全に元の状態には戻せません。
そのため、歯が痛くなったり、虫歯を発見した時はもちろん、定期的に歯医者に通って検診を受けることも必要なことだと言えます。