体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

白い歯を手に入れるホワイトニング。研磨剤や激落ちくんは歯を削るので歯医者にやってもらおう

f:id:nariking1017:20150914000218j:plain
白い綺麗な歯を保ちたいということは誰もが考えていることです。
歯が白く美しければ気分も良くなりますし、美人にも見られます。
そのため、様々な方法でホワイトニングするための努力をされている方も多いのではないでしょうか。


しかし、歯を綺麗にするためにやっていることが、実は歯を傷付けたり、歯が悪くなったりしてしまっては元も子もありません。
ここでは、歯医者はもちろん、自宅でもできる正しいホワイトニングの方法を紹介します。

最も手軽で簡単なホワイトニングの方法は、美白効果のある歯磨き粉で歯磨きをするということです。
そういった歯磨き粉には歯の表面の汚れを削って落とす効果のある研磨剤や、汚れやシミを浮き上がらせる成分などが含まれています。
ただし、そこまでの効果が期待できるものではなく、もともと歯が白い方で歯の白さを保ちたいという方や、歯医者などで歯のホワイトニングをした方などにはおすすめです。
ただし中にはあまりに粗い目の研磨剤が入っている歯磨き粉もあり、そういった歯磨き粉を使うと、歯を傷つける原因にもなりますので、注意が必要です。

最近は、歯を白くするための歯のマニキュアや歯の消しゴムなども売られていますが、歯のマニキュアは歯を一時的に白く塗るものですので、根本的な解決にはならず、歯の消しゴムは、目の粗い研磨剤と同じように、使用しすぎると歯を傷つける原因にもなりますのであまりおすすめはできません。

特に茶渋を激落ちくんで落とす、といった技が広まっていますが、あれは表面を削っているので非常に危険な行為です。

自宅で気軽におこなえる歯のホワイトニングもありますが、上記のような危険性もありますので、やはり歯医者に行ってホワイトニングをおこなうのが一番の方法です。
歯科医にあるホワイトニング専門の機械を使えば、自分ではなかなか落とせない歯の汚れやシミを簡単に落とすことができます。
その際に同時に歯周病の検査などもおこなえば、歯周病の治療として扱われますので保険診療も可能です。
ただし、タバコのヤニなどで汚れやシミがあまりに酷い場合は、一度で落とすことができず、何度か通わなければならない場合もあります。

また、一言で歯を白くするといっても、様々な方法があります。
アミノ酸の粒子を歯に吹き付けて汚れやシミを除去するエアーフロー、汚れが付きやすくなっている原因の歯の表面の傷やザラつきをなくすためのリナメルトリートメント、歯の落ちない汚れやシミの部分にピンポイントでプラスチックを塗るダイレクトボンディング、歯の表面を削り、セラミックを貼り付けることで、半永久的に白い歯を手に入れることができるラミネートベニア、歯の表面に薬剤を塗り、歯の色素を抜いて歯を綺麗にするホワイトニングなど、その種類はたくさんあり、期間や値段も大きく変わりますので、自分にあったホワイトニングを選ぶことが必要です。
また、歯医者で自分専用のマウスピースを作り、薬剤を使って自宅でホワイトニングする方法もあります。

美しい歯を手に入れたいと思うことは、常に歯の状態を気にしていることにもなりますので、虫歯予防にもつながり、悪いことではありません。
ぜひこの機会に歯のホワイトニングを考えてみてはいかがでしょうか。