読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

洗い過ぎはハゲの原因になる。汗っかきが健康な頭皮と髪を手に入れるオススメ洗髪とは?

すぐに汗をかいてしまう人にとって、1日に何度もシャワーを浴びると言う人も多いのではないでしょうか?体を洗い流すとさっぱりして気持ちが良いですが、そんな時迷うのはシャンプーだと思います。シャワーの度にシャンプーをしますか?それともシャンプーの回数は決めている?

髪を清潔にしたり健康を保つために「1日1回」が当たり前、とされているシャンプー。実は洗いすぎで抜け毛の原因になったり、艶を無くしてしまったりする危険性があるのです。
今回は特に汗をかきがちな夏にオススメの洗髪についてまとめます。

f:id:kusanagitoki:20150901224718j:plain
確かに気持ちいいのですが…



洗いすぎは健康な髪を遠ざける!?

艶のある健康な髪を手に入れたいと言う思いは男女問わずでしょう。そのためにシャンプーを念入りに行っている人も多いと思いますが、実は髪の洗いすぎは地肌の乾燥を招き髪の毛自体も痛めて枝毛やパサつきの原因となってしまう事もあるのです。
頭皮に潤いを与え、乾燥を防ぐためには私たちの体が自ら分泌してくれる皮脂が必要になります。洗髪するとその皮脂が流されてしまうのですが、2~3日で皮脂は再び分泌されて頭皮を潤してくれます
ですがこの回復期間を置かずに毎日、下手をすれば1日に何回も洗髪したり熱い湯やゴシゴシ洗いで髪や頭皮を痛めつけてしまうと頭皮の皮脂量が減少し、その乱れた頭皮環境を元に戻そうとする体の働きで皮脂が過剰に分泌され痒みやフケ等のトラブルも起きやすくなってしまいます。

オススメの洗髪回数は?特に夏は○○洗髪!

皮脂量は男女の性差に加えて個人差があり、また季節によっても変わってくるのでそれに合わせて洗髪回数を調整する事で健康な頭皮状態を保つ必要があります。
まず男女の違いについてですが、基本的に男性の方が皮脂量が多い傾向にあります。そのため男性は皮脂の回復期間である3日に1度の洗髪は難しく感じられるかもしれません。2日に1度程度が良いと思いますが特に夏の時期は毎日洗髪しても良いでしょう。そのかわり、毎日シャンプー剤を使用するのではなくこの後詳しく説明する「お湯洗髪」を行う事で頭皮の健康も守りつつさっぱりさせる事ができます。

女性は男性よりも皮脂の分泌量が少ないため、それに比例して洗髪の回数も少なめにした方が良いでしょう。特に日本人の髪は”緑の黒髪”と言われるほど艶のある美しい髪として知られていますが、これは日本人女性が本来持つ丁度良い皮脂量が保たれている状態の髪を指します。
ですから女性の場合は皮脂の回復期間をしっかり確保する事が大切で、洗髪は3日に1回が本来は望ましいのです。
加えて10~20代の若い世代は新陳代謝が活発な分皮脂量も多くなるので毎日でも良いのですが、30代以降は上記のような回数で良いでしょう。

ですが特に女性は毎日洗髪したいと思われるかもしれませんし、特に夏は1日に2回以上洗うと言う人も少なくないでしょう。そこで女性は勿論男性にもお勧めなのが「お湯洗髪」です!
実は髪に付いたホコリや花粉、頭皮の垢だけであれば水で洗い流すだけでも落ちるのですが皮脂は温水でなければ落ちません。ですからぬるめのお湯と熱い湯のシャワー洗髪を使い分けて毎日の洗髪でも皮脂を落とし過ぎずにさっぱりさせる事ができますね。

・お湯洗髪の正しいやり方

f:id:kusanagitoki:20150901230151j:plain
①洗髪前に髪をよくブラッシング
②髪のほこりや汚れを落とすぬるま湯洗髪
③熱めの湯で髪の毛よりも頭皮を洗うように心がけてお湯洗髪

この「お湯洗髪」であれば洗髪の回数を増やしたい夏にピッタリですが、ムースやジェルなどのスタイリング剤を付けている時や最近では普通に使われている髪用のUVスプレーなどは残しておくと頭皮や髪へのダメージに繋がりますから必ずその日のうちに洗い流してしまう必要があります。お湯だけ落ちるようであればよいのですが、落ちない場合はシャンプー剤を使って洗い流しましょう。

また、どうしてもお湯だけではべたつきや臭いが気になる、と言う人には通常のシャンプー剤ではなく石鹸シャンプーも1つの方法としてオススメです。ただし石鹸はアルカリ性でそれだけでは潤いが足りませんので酸性リンス(お酢を薄めたものを使用する方もいます)によるケアが必要ですし、石鹸は特に脱脂力が強いので事前に自分の頭皮に合うかチェックする必要もあります。

加えてですが頻度を落としても市販のシャンプー剤を使用する時には、できるだけ髪へのダメージを軽減する事も重要です。シャンプー剤はできるだけ少量をお湯で薄め、泡立ててから優しく地肌をマッサージするように洗いしっかりとすすぎましょう!
髪の美容家が熱心に言うのは「とにかくしつこい程すすぐ」と言う事です。残ったシャンプー剤は地肌を痛めてしまいますから、ぬるめのお湯で良く洗い流します。この時髪の毛を擦り合わせたり地肌に爪を立てたりしないように注意して下さいね。

いかがでしたか?シャワーの回数が増える夏、それでも私たち日本人特有の美しい髪と地肌の健康を守るためにもシャンプーは皮脂が回復する頻度で行いましょう!