体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

虫歯の進行具合と症状とは?虫歯は早期発見が大事な理由

f:id:nariking1017:20150902114723j:plain
虫歯の症状というとほとんどの方が頭に思い浮かぶのは、歯が痛くなるということだと思います。
しかし、虫歯のごく初期の段階では、歯の痛みなどの症状がまったくないため、正直気づくことも難しいと言えるでしょう。

痛みやしみるといった症状が始まると、虫歯はかなり進行していると言えます。
また、そういった自覚症状がある状態になると虫歯は削るなどといった処置をするしかなくなってしまいます。

そのため、虫歯はいかに早く発見できるかが重要だと言えるのです。

そこで、ここでは虫歯の症状を段階を追って説明していきたいと思います。



1.C0

初期の虫歯で、歯の表面の透明感がなくなり、チョークのような白濁した状態になっている状態です。
この段階では、歯の痛みや歯がしみるといった症状もなく、穴も開いていないため大変気づきにくい状態とも言えます。
また、この状態の時であれば、歯磨きをしっかりとおこなったり、キシリトールを利用することで元の状態に戻すことが可能です。
この状態が虫歯を治せるかどうかがひとつの別れ道といっても良いでしょう。

2.C1

歯の表面が溶けて浅い穴が開いてしまった状態になります。
この時もまだ、歯が痛い、歯にしみるなどの症状はありません。
ただしこの状態まで虫歯が進んでしまうと歯科材料を埋めて治療する必要があります。
ただし、痛みを感じる場所まで虫歯が達していませんので、麻酔をおこなわずに治療することが可能です。

3.C2

虫歯が表面のエナメル質を通り越して象牙質にまで到達した状態になります。
また、象牙質は痛みを感じる箇所になりますので、ここまで状態が進むと痛みを伴いますが、まだ甘いものや冷たいものが歯にしみる程度の痛みになります。
ただし痛みはありますので麻酔を使って治療をおこなうことになり、虫歯の部分を取り除いた後に歯科材料で詰め物をおこないます。

4.C3

虫歯が象牙質をも通り越して歯髄まで到達してしまった状態です。
虫歯の進行度合いにもよりますが、少し歯が痛むという状態から、耐えられないほどの激しい激痛にみまわれあることもあります。
激しい痛みを耐え続けると一度痛みが収まります。
しかし、それは歯髄が完全に死んでしまった状態になっているだけで、虫歯はさらに進行しています。
終いには歯の外側まで炎症が広がり、再度さらなる激痛に襲われることになります。
治療には基本的には麻酔を使用しますが、歯髄が完全に死んでしまった状態の場合は、痛みを感じないこともありますので、麻酔を使用せずに治療をおこなうこともあるようです。
最終的には差し歯などを使用し治療することになります。

5.C4

虫歯が進行し尽くして、ほとんど歯がなくなってしまって、歯の根元まで虫歯が進行しいる状態になります。
ここまで症状が進んでしまうと歯を残して治療することは不可能になります。
つまり、歯を抜いてしまうしかなくなりますので、ここまで虫歯が進行してしまう前に、しっかりと治療をおこなうようにしましょう。