体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

自転車の盗難を防ぐ様々な防犯グッズをご紹介!

f:id:nariking1017:20150821004219j:plain
自転車に鍵をかけて停めておいたのに自転車が盗まれてしまった!という経験をされたことがある方は結構いるのではないでしょうか。
自転車の盗難にあっている件数は毎年減少しておらず、自転車の防犯に関しては発達しているはずなのですが、今でもたくさんの人たちがその被害にあっているのが現状です。


自転車と一言で言っても、一万円以内のモノもあれば、何十万もする高いモノもあります。
値段が安ければ盗まれてもショックが少ないなどとは言いませんが、さすがに何十万もする自転車が盗まれたらたまったものじゃありません。
そこでここでは、自転車の防犯に役に立つ様々なグッズを紹介させていただきます。

1.U字ロック
現在は、自転車の鍵の種類にも様々なモノがあり、初めから自転車の前輪や後輪に備え付けられている鍵や、ワイヤー型のチェーンロックなどもあります。
ただ、タイヤを回らないように固定するだけでは、極端な話、車の荷台に乗せてしまえば自転車を簡単に運ぶことができますし、持ち上げて盗むことも不可能なことではありません。
そのため、自転車に鍵をかける際は、自転車と駐輪場の金網やガードレールなどを繋いでしまうのが一番です。
その中でも抜群の強固さを誇る、U字ロックが防犯には最適な鍵と言えるのではないでしょうか。

2.防犯ブザー
自転車に取り付けておくだけで、自転車を揺らしたり、動かしたりすると大きな音が鳴り響くのが防犯ブザーです。
そのため、防犯ブザーを装着していれば、自転車を盗もうとしている人だけでなく、自転車にイタズラをしようとしている人も効果的に追い払うことができます。
ただし、路上で使用すると、警察官の方などが自転車を動かそうとしても大きな音が鳴り響くことになってしまいますので、敷地内でのみ使用することをおすすめいたします。

3.防犯ステッカー
防犯ブザーと併用すると効果的なモノが防犯ステッカーです。
防犯ブザーだけの場合は、防犯ブザーを搭載しているかどうかは、見た目では判断がつきにくいため、実際に自転車を揺らしたり、動かしたりすることで、不意打ち的に相手を驚かせることができます。
それに対し、防犯ステッカーを貼っておくと、防犯ブザーが搭載していることをあらかじめ相手にわからせることもできますので、相手を自転車に近ずけないための対策として有効です。

その他にも、最近ではスマートフォンと連携したU字ロックなどもでてきており、本物の鍵ではなく、スマートフォンのBluetoothでペアリングできたり、スマートフォンのアプリで自転車の位置を確認したりすることもできるそうです。
減少しない自転車の盗難をなくすために、日々様々な防犯グッズが開発されています。
今では、はじめから自転車に搭載されている鍵では安心できず、自転車を盗まれないためにもこのようなグッズは欠かせません。
ぜひこれらの防犯グッズを活用して、自転車を自転車泥棒から守りましょう。