読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

親知らずを放置するべきか抜くべきか?親知らずの特徴について

f:id:nariking1017:20150901104157j:plain
歯の中でもっとも奥に位置する歯が親知らずと呼ばれている歯です。
正式名称は「第三大臼歯」で、もっとも手前の歯「中切歯」から数えると8番目にあります。

御存じのとおり、私たちの歯は子供のころに全て生え変わります。
その際に永久歯は通常は15歳前後で生えそろうのですが、親知らずだけは生えてくる時期が異なり、個人差はありますが10代後半から20代前半のうちに生えてきます。
子どもの頃ではなく、親に知られることがない状態で生えてくる歯、といったところから「親知らず」と呼ばれているのです。



親知らずは一番奥の歯になりますので、通常は4本生えているはずなのですが、親知らずが一本もない人もいれば、1本、2本、3本と、4本に満たない人もいます。
その原因は、親知らずが歯茎に埋没していたり、横に傾いて生えてこなかったり、親知らずの生えてくるスペース自体がなかったりと、その原因もさまざまです。

そのため、親知らずは他の歯に比べて衛生状態が悪い場合が多くあり、歯肉の炎症などを引き起こしやすいと言われています。
特に20歳前後の人がそういった状態になりやすく、「智歯周囲炎(ちししゅういえん)」という疾患で呼ばれています。
智歯周囲炎になると、口が開きにくくなったり、横顎が腫れて痛みを伴ったりすることになり、親知らずの状態によっては何度治療をおこなっても繰り返し発症することも多く、最終的には親知らずを抜歯することも少なくありません。

その際、親知らずが他の歯と同じようにまっすぐ生えている状態であるのなら、他の歯と同じように簡単に抜くことができますが、先に述べたように、親知らずが横向きに生えていたり、埋没していたりする場合はかなり手間のかかる抜歯をおこなうことになってしまい、最悪の場合、全身麻酔での抜歯や入院までもが必要になってくることもあります。

当然のことですが、他の歯と同じように親知らずがきちんとした生え方をしており、かみ合わせも悪くない状態であれば、親知らずを無理に抜く必要はありません。
また、親知らずの手前の歯を抜かなければいけない状態になった際には、親知らずの形や大きさによっては、親知らずをその部分に移植することもできますので、親知らずがあったほうがよいこともあります。

ただし、親知らず自体が虫歯になってしまった場合は、親知らずが一番奥にある歯ということからも治療やその後の手入れが困難なため、抜歯したほうが良い場合があります。
横向きに不自然に生えている場合も、手前の歯に対してなんらかの障害を起こしている場合や起こしかねない場合もありますので、そういった理由から抜歯することも多くあります。
ただし、矯正治療などをおこなうことで、親知らずの状態によっては正常な位置、方向に戻すことも可能ですので、必ずしも抜いてしまうことが一番の方法だとは言えません。

このように親知らずについては、その状態に大変個人差がありますので、気になる方は歯科医に足を運び相談されることをおすすめいたします。