体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

自宅で出来る痛風の予防・改善には多量の水を摂ることが効果的!

f:id:nariking1017:20150901153506j:plain
体の中に尿酸がたまることで、それが結晶となり激しい関節炎の痛みを伴う病気が痛風です。
痛風も以前に比べれば、医学的な研究も進んでおり、しっかりと正しい治療を受ければ、健康的な生活を送ることは可能になっています。
しかし、痛風の症状をそのまま放っておくことは大変危険なことですし、当然のことながら、痛風にならないことが一番だと言えます。

それでは、痛風を発症しないため、または痛風を改善するための生活習慣とはどのようなことなのでしょうか。


以前に痛風の症状を発症した方や採血などで尿酸値が高い数値を示してしまった方は、尿酸値を下げることから始めなければなりません。
尿酸値を下降させるためには、薬の服用という手段がありますが、誰でも手っ取り早くおこなえることが、水をたくさん摂ることです。

尿酸はもともとが尿に溶けて、体外に排出されるものですので、当然ながら水をたくさん飲めば、尿の量や回数も増加します。
その結果、その分たくさんの尿酸も体外に排出されることになりますので、結果的に尿酸値を下げることにつながるのです。

実際の痛風患者の尿酸値を下げるのには、1日で約2リットルの尿の量が必要だとされています。
しかし、私たちが普通に生活を送っている限りは、1日に飲む水の量が平均で約1リットル、尿の量は1リットルから1.5リットルほどと言われています。
そのため、普通に生活している分では尿の量が不足している状態になってしまいますので、意識して1日2リットルは水を飲むようにしなければなりません。

ただし、コンビニや自動販売機で売られている普通のジュースやスポーツ飲料、カフェインの入っているコーヒーやお茶の類ではなく、水やノンカフェインのお茶などを飲むことが必要です。
確かに、お茶や無糖のコーヒーには砂糖などがはいっていませんし、カフェインには利尿作用がありますので、尿の量を増やすのには最適な感じがします。
たしかにカフェインを多量に摂取すると、普通に水分を摂取するよりも尿の量は増えることになります。
しかし、体内の水分が過剰に失われることにもなりますので、体が脱水気味になってしまい、結果体内の尿酸値が上昇することにつながってしまうのです。
そういったことからも、カフェインの入ったコーヒーやお茶などを、多量に飲むことはおすすめできません。

2リットルのペットボトルを見てもらえればわかるかと思いますが、確かに1日であれだけの量の水やノンカフェインのお茶だけを飲むことは大変なことだと感じてしまうかと思います。
しかし、睡眠時間を多く考えて8時間としても起きている間は16時間もあります。
そこで、朝起きてから夜寝るまでの間の16時間で、1時間に0.125リットルずつ飲んでいくだけで、1日2リットルの水分量は確保できるのです。

もちろん、痛風を患ってしまうと、水分を摂るということいがいにも、食事療法などの生活習慣の改善も必要にはなりますが、まずは水分を多量に摂取するというところからはじめてみてはいかがでしょうか。