体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

有酸素運動に最適なエアロバイクによるダイエット効果!

f:id:nariking1017:20150803104309j:plain
ウォーキングやジョギングのように外に出たくない、ジョギングはちょっと体力的に自信がないという方におすすめの運動がエアロバイクです。
エアロバイクとは、自転車型のフィットネスマシンのことで、自転車と同じようなペダルをこぐ運動を室内でおこなうことができます。
また、運動が苦手な方でも簡単にできますので、日頃運動から遠ざかっている人にも大変おすすめの運動方法です。


エアロバイクをこぐという運動は有酸素運動にあたります。
ダイエットに効果的と言われる有酸素運動は、体内に安定して酸素を取り入れることで、細胞が活性化し、脂肪の燃焼を促進します。
そのようなことからもエアロバイクはダイエットに大変最適な運動だと言うことができます。

有酸素運動によって脂肪を燃焼させるには、どのくらいエアロバイクで走ったかというよりも、どのくらいエアロバイクをこいだか、という運動時間が大事です。
元々、人間の身体は、脂肪を燃焼し始めるまでに少なくとも20分間の有酸素運動が必要です。
そういった理由から、20分以内でやめてしまってはダイエット効果は期待できません。
かといって限界までやれば一番効果が期待できるということも少し違っており、肉体の限界までおこなうと疲労がたまり、集中力も続きません。
そのため、20分以上で少し疲れるというくらいの時間、およそ30分から40分ほどの時間が最初はおすすめです。
もちろん続けていくとで体力が付き、長い時間余裕をもってこぐことができるようになりますので、そこから少しづく時間を伸ばしていくとより効果的です。

また、運動時間以外にもエアロバイクをどの程度の力でこぐか、ということもエアロバイクで有酸素運動をおこなうためには重要なことのひとつです。
脂肪を燃焼させるためには、常に酸素を体に供給する余裕をもって体を動かすことが大事ですので、あまりにスピードを上げてエアロバイクをこぐことはおすすめしません。
最近のエアロバイクには心拍数を計測する機能がついたものが多いため、そういったものを選ぶと良いでしょう。
脂肪の燃焼を効率的におこなえる心拍数は、個人差もありますが最大心拍数の約半分、50%ほどだと言われています。
ベストな心拍数の計算は(220-年齢)×0.5である程度だすことができますので、その数値を目安に運動をおこなうと良いでしょう。
またエアロバイクは、ジョギングなどに比べ、一定の負荷で運動を続けるのが簡単ですので、有酸素運動をおこなうのには、大変効率的だと言えます。

最後に、ダイエットのために運動をおこなう場合、毎日やった方が効果的だと考える方が多いと思いますが、実はそれは間違いです。
脂肪の燃焼は体に疲れがたまったりすると代謝が落ちてしまい、効率的におこなうことが難しくなってきてしまいます。
そのため、休養日は必ず設けるようにし、週4日ほどのペースでおこなうようにしましょう。
その際もできれば、連続で4日運動をおこない3日休むといったペースではなく、運動をおこなう日と休養日をバランスよく設定すると、より効果的にダイエットをおこなうことができます。