体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

いびきを治す方法。いびきの原因と悩みを解決するオススメの治療方法とは?

夜寝ている時、本人が気づかぬ内に周りに迷惑をかけてしまうのがいびきです。
普段は気にならなくても、合宿やお泊り、同棲をしたりすると、友人やパートナーに迷惑をかけてしまいますし、みっともない姿を見られるので嫌ですよね。

特に女性は、いびきで男性に引かれることを恐れます。

いびきの原因は、上気道と呼ばれる部分が狭くなり、空気が通る時に粘膜が振動して音を出してしまっていることです。
上気道が狭くなる原因は、寝ている時の姿勢、舌の筋力の低下、疲労やストレス、無自覚の鼻炎など様々なものがあります。

いびきをかく人は、呼吸器系が弱かったり、慢性鼻炎を患っていたりする人が多いです。
いびきを放置すると、パートナーに迷惑をかけるだけでなく、口の中が乾いてしまって虫歯のリスクが増えたり、睡眠時無呼吸症候群(SAS)になる可能性もあります。

今回は、薬に頼らず自宅で出来る、いびきを治す方法を紹介します。

いびきの健康リスクとは?

パートナーに迷惑をかけてしまういびきは、健康にもよくありません。

アルコールを飲んだ後や、疲労が蓄積した状態で発生するいびきは一時的なものなので心配ありません。
しかし、普段からいびきをかく人は、慢性鼻炎を患っていたり、気道が狭かったりして、寝ている時に口呼吸をしている可能性が高いです。

口呼吸は口の中が乾いてしまい、虫歯になりやすくなります。
歯は唾液によって虫歯の菌から守られているのですが、口呼吸で唾液が乾いてしまうと、虫歯菌に感染しやすい状態になってしまいます。人は寝ている時が最も虫歯リスクが高いと言われており、いびきをかく人に多い口呼吸をしていると、リスクはさらに倍増します。

また、口呼吸をしている間は口が開きっぱなしなので、扁桃腺などに菌が入りやすくなります。
そのため、いびきをかく人の多くは気道や扁桃腺の病気リスクが高いです。

いびきはパートナーにも迷惑をかける

いびきは健康リスクだけでなく、周りの人にも迷惑をかけてしまいます。
結婚や同棲でパートナーと一緒に寝ることになっても、いびきが酷ければパートナーは寝ることが出来ません。

もし、自分のせいでパートナーが寝不足になったら、それこそ寝室を別にするしかありませんし、旅行だって満足に出来ません。
いびきは夫婦間や恋人間において、非常に深刻な問題なのです。

いびきの音量(Hz)は騒音判定に引っかかるほどの音量であり、部屋をまたいでも聞こえるほどです。
独身者であっても、壁の薄いアパート、マンションであれば苦情が来ることもあります。

このように、いびきは健康面、生活面においてデメリットばかりなので、早めに治療をすることが大切です。

いびきの治療方法は?

いびきの治療方法にはマウスピースを使ったものがあります。
寝る時にマウスピースをはめて下顎を固定し、気道を広くしていびきを徐々に抑える方法です。

しかし、マウスピースによる治療法は大変で、寝る時に苦しい、そもそも鼻呼吸が出来ないことでいびきが出ている人の場合は根本的な解決にならない、などの問題があります。

他にも、外科手術で気道を広くする方法などもありますが、ハードルは高いです。

そこでオススメなのが、お茶によっていびきを治療する方法です。
いびきの根本的原因は、前述した通り鼻呼吸が出来ないことによって引き起こされる口呼吸です。
夜寝る時に口呼吸をしてしまう人のほとんどが、鼻炎を患っており鼻の気道が狭くなっています。

この鼻炎がやっかいで、鼻の奥底で鼻づまりを起こしているため、日中は自覚症状がありません。
花粉症や慢性鼻炎を患っている、鼻炎になりやすい人は、こういった奥底の鼻づまりを知らず知らずのうちに患っている可能性が高いです。

こうした奥底の鼻づまり、鼻炎に有効なのが、お茶に含まれるポリフェノールやカテキンです。これらを摂取し続けると、ヒスタミンの抑制や抗アレルギー作用に効果があり、鼻炎を引き起こすアレルギーを防ぐことが出来ます。

現在では、製薬会社からいびき対策専用のお茶が開発・販売されています。
漢方や自然にあるものを配合し、いびき治療に特化したものが多いです。

いびきの治療に効くお茶とは?

オススメのいびき対策のお茶はすーすー茶です。



すーすー茶は通常のお茶とは違い、いびきを引き起こす隠れ鼻炎治療・予防に特化した3つの自然素材を配合をしています。

f:id:moguhausu2:20150824213743j:plain

1つはアレルギー反応を引き起こす「ヒスタミン」の放出を防ぐ「バラ科の甜茶(てんちゃ)」です。
自然にある植物なので、薬のように眠気やだるさを引き起こさず、自然に鼻炎を抑える働きがあります。

2つ目のクマザサは、強い抗菌力で免疫バランスを整えて くれることで知られており、体に取り入れるだけでなく 塗り薬としても昔から用いられてきました。

3つ目の赤紫蘇は「天然のステロイド」と呼ばれ、赤紫蘇に 含まれるポリフェノールの一種であるロズマリン酸が、辛い鼻炎の症状、グズグズ・ズルズルを軽くします。

お茶というよりも効能は漢方に近く、継続して飲むことによって、いびきの予防、治療どちらにも効果があります。
また、こういった漢方に近いお茶は苦い、飲みにくいものが多いですが、すーすー茶は天然の甘みがあり、とても飲みやすい味わいになっています。

1杯100円でしっかりいびき予防・治療が出来る

f:id:moguhausu2:20150824180056j:plain
お茶によるいびき予防・いびき治療は何より低コストで出来るのがポイントです。
すーすー茶であれば、いびき治療を目的に配合された特殊なお茶ですが、ティーパック30包入りで2,838円と低価格です。
1日1杯がいびき予防・治療の目安ですから、1ヶ月のコストは3000円以下です。

また、単品での購入から1ヶ月毎、3ヶ月毎、年間コースなど定期コースもあり、定期で申し込むと最大20%OFFになります。
まずは単品や1ヶ月コースで試してみて、効果が実感できたら定期コースで購入するのがオススメです。

すーすー茶の効果は毎日飲んでいれば2週間~1ヶ月ほどで出てきます。
自然な植物の効用を使った治療・予防なので、薬と違って身体に負担がかかりませんし、眠気も出ませんから日常生活に支障なくいびきの予防・治療が可能です。

お茶を一日一杯飲むだけでいびきが治るのですから、いびき対策としては非常に手軽で、効果が期待出来るオススメの治療法です。

支払い方法は何があるの?

すーすー茶の支払い方法には、コンビニ払い、代金引換払い、クレジットカード払いがあります。
コンビニ払いは商品到着後の支払いでOKなので、クレジットカードを持っていない、できれば現金で払いたい、という方にも安心です。
お近くのローソンやセブン-イレブンなどのコンビニでお支払いが可能です

代金引換払いも可能ですが、手数料が300円かかってしまうので、オススメは出来ません。
しかし、受取と同時にその場で精算出来るので、近くにコンビニが無い場合などには便利な支払い方法です。

辛い鼻づまり、鼻炎のせいで、レジャーも楽しめない。
薬が手放せないと、憂鬱になりますよね。

そんな悩みを解決するのに、すーすー茶はぜひオススメです。

すーすー茶の実物や申し込みは下記の公式ページから行えます。


いびきは呼吸器系が弱い人がかかりやすく、放置しても治りません。
ぜひお茶を飲んで気道のつまりを治し、いびきの悩みから解放されましょう。