体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

初めて犬を飼う前に準備しておくべきこと。散歩や臭いの問題など犬を飼う上に知っておこう

f:id:nariking1017:20150807163813j:plain
犬を飼う際に、飼いやすい犬種という理由で犬を探す方をよく見かけます。
しかし、漠然と飼いやすい犬と言っても正直どの犬種が一番良いとははっきりとは言えません。
その前に、実際には犬を飼う上で考えなければならないことはいくつかあります。


まずは散歩です。
犬を飼うと散歩は毎日の日課として欠かせないものになることを忘れてはいけません。
大きな犬だろうと小さな犬だろうと、室内犬だろうと室外犬だろうと、どんな犬でも散歩をしなくてもいい犬とはいないのです。
運動不足やストレス発散、または育て方によっては外でしか用を足さない犬にもなります。
犬を飼うにあたり、朝夕約一時間の散歩をおこなう心構えは必ず必要になってきます。

次にどんな犬でも必ず必要なものが、犬のしつけです。
犬にしつけなんかしなくても、犬の自由にさせるのが犬のためだなどと言う方も中に入るかもしれませんが、もし飼っている犬が知らない人に噛み付いてしまったらどうしますか?
お金で解決出来るのであればまだ良いかも知れませんが、最悪の場合、愛する飼い犬が保健所に連れて行かれて処分されてしまうということも起こり得るのです。
こういった場合は、噛まれた人はもちろん、噛んだ愛犬でもなく、すべての責任はしつけをおこなわなかった飼い主にあると言えるでしょう。
こういったことからもしつけは必ず必要なことで、それを面倒臭いと思う方は犬を飼うのは考え直したほうがいいかもしれません。

また犬は、犬が好きだからとか可愛いからという理由だけで飼うことはできません。
犬を飼うにはそれ相応の費用がかかることも考えておく必要があります。
性格的にも飼いやすい犬、飼いにくい犬も同じようにお金はかかってきます。
もちろん小型犬よりも大型犬のほうが、えさ代をはじめさまざまな面で出費は大きくなりますので、費用の面だけで考えると、大型犬よりも小型犬のほうが飼いやすいとは言えるでしょう。

その他にも室内飼いならば抜け毛や臭いも気になるところです。
こういったことに関しては、どちらかと言えば犬種によって大きく変わってきますので、面倒臭がり屋の方はできるだけ抜け毛の少ない犬種を選ぶことをおすすめいたします。
また、犬の臭いはしっかりと定期的にシャンプーをしておけば、問題ありません。
当然ながら、手間と時間はかかりますが、犬を飼うためには必要なことです。

このように、犬を飼うということは、大変手間のかかるものなのです。
犬も自分の子供のように、手間はかかるけどかわいいから頑張れる、手間だとかは感じないというのが一番ですが、一軒家で飼うのか、ペット可の集合住宅で飼うのか、室内飼いなのか、室外で飼うのかなど自分の環境と照らし合わせて飼う犬を選ぶことも大切なことだと言えます。
子犬の頃から犬を飼うということは、10年以上その犬と一緒に暮らし、面倒を見るという大変な覚悟が必要なことだということは決して忘れてはいけません。