体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

自転車事故にあった時の対処方法。自転車事故にあったら確認するべき事項とは?

f:id:nariking1017:20150803132557j:plain
自転車に乗る上で最も怖いのが事故を起こしてしまった時です。
自転車の事故と言うと、自動車やバイクの事故に比べてどうしても軽く考えてしまいがちですが、実際には命を落とす危険性も含んでいます。
そんな恐ろしい自転車事故をおこしてしまった際の注意点をここでは解説していきたいと思います。


もし、あなたが自転車で事故を起こしてしまった場合、まず行うことは当然ながら自分自身、事故の相手などの安全を確保することです。
相手が負傷している場合はすぐに救急車を呼ぶ必要がありますし、自転車が道路の真ん中などで倒れている状態だと、次の事故につながる危険性もあります。
まずは、そういった周囲の安全の確保をおこなうことが重要です。

次に事故を起こしたのですから警察に連絡を入れる必要があります。
ただし、相手が負傷をしており、救急車を呼んだ場合は、自動的に警察にも連絡が入っていますので、その際は大人しく救急車、警察の到着を待ちましょう。
また、相手の状態によっては応急処置をおこなう必要があります。
救急車を呼ぶ際には相手の状態をしっかりと伝え、指示を仰ぐことも大切なことです。

次に、保険会社への連絡ですが、タイミング的には警察が到着し落ち着いた頃で構いません。
また、自動車事故の場合は、警察の方で保険会社への連絡を促してくれることが多いですが、自転車の保険は自動車の保険に比べあまり一般的なものではありません。
そのため、自身で自転車保険の有無をわかっておくことが大切です。
また、車のようにダッシュボードに保険会社の保険証券が入っているという訳にもいかず、常に保険証券を持参しているという人も少ないとおもいますので、ほとんどの方が自宅に戻ってから連絡することになると思います。
もちろん、保険会社への連絡は次の日になっても問題はありませんが、できるだけはやめに連絡をしておくようにしましょう。

事故の相手との連絡先の交換も忘れてはいけません。
もし、連絡先の交換をしておかないと、後日、身体に問題が発生しても当然ながら加害者からの補償を受けることなど不可能になってしまいます。
また、警察を呼んでおくということも大変重要なことであり、保険会社やその時の状況によっては、警察の現場検証がないと保険金がおりない場合もでてきてしまいます。
他にも、解決を急ぐあまり当事者同士の話し合いで決着をつけてしまう方もたくさんいます。
もちろんちょっとした事故の場合、お互いがそういった対処で済ますこともあるかと思いますが、怪我や物損が発生した場合は、急いで当事者同士で解決してしまうのではなく、しっかりと警察に連絡を取り、しかるべき対処をおこなうことが大事です。

事故を起こさないことが一番ですが、当然ながらわざと事故を起こす方なんていません。
ちょっとした不注意が思わず大参事を起こすことは必ずしもゼロとは言い切れません。
その時のためにも、事故後におこなうことや自転車保険にはいっておくこは大変大事なことだと言えるでしょう。

関連記事

自転車のオススメの購入方法はこちらwww.hazimetetensyoku.com