体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

自転車ダイエットに最適な自転車とは?ママチャリよりもスポーツバイクのほうが痩せる理由

f:id:nariking1017:20150803110903j:plain
ダイエットのために自転車に乗る場合、当然ですがママチャリと呼ばれる自転車ではなく、スポーツバイクを使っておこなったほうがより効果的なダイエットをおこなうことができます。
もちろん、ママチャリではダイエットができないという訳ではありませんが、ママチャリの場合、ペダルをこぐのが重たいため、長時間自転車に乗ることには向いておらず、かなりの体力を必要とします。
それに比べ、スポーツバイクだと重量も軽いため、軽快に走ることができ、長時間苦痛を感じることなく自転車による運動を容易におこなうことができます。


また、自転車にのっている際の姿勢もかなり違っており、椅子に座るような形でサドルに腰掛け、ペダルをこぐママチャリは、下半身だけの力を使ってこぐことになりますので、疲労がたまるだけでなく、余計な筋肉が足につき、足が太くなる原因にもなりかねません。
スポーツバイクの場合は、前傾姿勢でサドルに座りペダルをこぎますので、上半身、下半身を使った全身運動になっています。
そのため、余裕を持って運動ができ、ダイエットに効果的な有酸素運動をおこなうのに大変適しているのです。

それではダイエットをおこなうのに適したスポーツバイクとはどうのうようなものなのでしょうか。
スポーツバイクとひとことで言っても、舗装された道路を走るためのロードバイクや、山の中や悪路を走ることに特化したマウンテンバイク、その中間とも言える都市部を走るのに便利なクロスバイクなどがあります。
もちろん、自分の回りの環境でどのような道を走るかは違いますので、自分の回りの環境にあった自転車を選ぶことが一番良いというのは言うまでもありません。

ロードバイクは、タイヤが大変細いのが特徴的な自転車で、フレームはアルミやカーボン製のものが多くとても軽快に走ることができます。
ただし、スピードを出したり舗装された道路を走るのには最適ですが、段差の多い街中を走るとなると少し苦手になっています。

マウンテンバイクは、前後にサスペンションが付いており、大変クッション性に優れた自転車です。
また、ノブのある太いタイヤも特徴的です。
そういったことからも、山の中や悪路に対応することができ、自転車をとことん楽しみたいという方には最適な自転車ですが、タイヤの直径が狭いため、長距離を走るということにはあまり向いていません。

レースや競技を目標にするのであれば、上記のような自転車を選ぶのもアリですが、ダイエット目的で自転車を選ぶのであれば、クロスバイクがおすすめです。
クロスバイクはスポーツバイク初心者にも大変おすすめの自転車になっており、タイヤの直径はロードバイク並みに大きく、タイヤの太さはロードバイクとマウンテンバイクのちょうど中間ほどになっています。
また、クッション性もある程度兼ね備えていますので、街中で乗る自転車としても最適です。

このようなことから、ダイエットで自転車にのるのであれば、ママチャリではなくクロスバイクに乗ることをおすすめいたします。
ダイエット効果が期待できるということ以外にも、ママチャリよりもクロスバイクのほうが楽しんで自転車に乗ることができますので、継続しやすい理由にもなるとも言えるでしょう。

自転車のオススメの購入方法については下記の記事が参考になりますので、ぜひ一読してみてください。www.hazimetetensyoku.com