読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

突然のパンクにも困らない!自転車のパンクを自分でなおしてみよう!

f:id:nariking1017:20150731124044j:plain
自転車がパンクした場合、あなたならどうしますか?
多くの人が自転車屋さんに自転車を持っていき、代金を支払って修理してもらうのではないでしょうか。
しかし、中には自転車のパンクを自分でなおしてしまう強者もいるようです。
それができれば、パンク修理にかかる出費や時間を大幅に節約できるかもしれません!
そこで、今回は自転車のパンク修理の仕方を調べてみました!


自転車のパンク修理は、少し前まで専用のノリを使ってゴム製のパッチをパンクの原因となっている傷や穴に貼ると言うものが主流でした。
しかし、最近はスーパーパッチと呼ばれる方法が主流になりつつあり、サイクリングや競技バイクをしている方たちの中で人気のようです。

スーパーパッチとはウレタン製のパッチのことで、それには粘着加工がされています。
そのため、わざわざ専用のノリを使って貼る必要がなく、一度コツさえつかんでしまえば、誰でも簡単にパンク修理ができるというすぐれものなんです!
スーパーパッチは自転車専門店はもちろん、インターネットなどでも購入することができます。
ただし、はじめて買う場合は自転車専門店で店員さんにきちんと訪ねて買うことをおすすめします。

パンク修理の作業の手順としては、まずパンクしている箇所を特定することから始まります。
その前にチューブをタイヤから取り出す必要があるのでは?と思った方もいると思います。
確かにその通りです。ただ、そこまでここで説明してしまうと大変長々となってしまいますし、画像で説明している丁寧なサイトもありますので、そちらで確認していただければと思います。
パンクの箇所を特定するには、水検査が一番です。
水検査とはバケツやパットの中に水をためて、その中にチューブの一部をつけていきます。
もちろん穴が開いていれば空気が漏れていますので、泡でわかるということです。
そうしてパンクの箇所がわかったらわかりやすいようにマジック等で目印をつけておきましょう。

次にスーパーパッチをその部分に貼るのですが、自転車のチューブにはチューブを作った際にできたチューブの真ん中をとおる凹凸などがあるかと思います。
その凹凸ごとパッチを貼ると、パッチとチューブの間に隙間ができてしまい、そこから空気が抜けてしまう恐れがあります。
そのため、パンク箇所にパッチを貼る場合にチューブの凹凸が邪魔な場所であれば、紙やすりで凹凸部分をなだらかになるまで削ります。
当然ですが削りすぎには細心の注意が必要です。
凹凸がなだらかになったら、パッチを貼る部分にも少しだけ紙やすりをかけてください。
金型雛形剤と呼ばれているモノがチューブ表面には付着しており、それによってパッチの粘着力が落ちるのを防ぐためです。
紙やすりは自分で用意してもいいですが、スーパーパッチを買った際に付属されていることが多いようです。

パッチを貼る方向は、自転車の進行方向とパッチを並行に貼るのではなく、パッチの角の部分が進行方向に向くように貼りましょう。
そのように貼った方がパッチが伸びやすくなるからです。
パッチを貼ったら、指で強く押さえつけてください。
その際に注意することは、一度に全体を押さえつけるのではなく、端からパッチの中の空気を押し出すような形で押さえます。

以上でパンクの修理は完了です。
どうですか?思ったよりも簡単ではないでしょうか?
慣れてしまえば、誰でも簡単にできるようになりますので、自転車がパンクした際は、ぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

自転車の関連記事

自転車のオススメの購入方法については下記の記事が参考になりますので、ぜひ一読してみてください。www.hazimetetensyoku.com