体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

フレーバードリンクの中で注目の「メープルウォーター」とは?

美容に敏感な海外セレブや健康志向の人々に人気のある植物由来のフレーバードリンク。
その中でもいわゆるスーパードリンクとして日本でも有名なのがココナッツウォーターですね。そんなココナッツウォーターの次に流行の波が来ると今話題のドリンクの1つが・・・

「メープルウォーター」です。アメリカやイギリスでは既に流行し始めている注目のドリンクについて詳しく紹介していきましょう!

シロップとは違う?メープルウォーターとは?

メープル、と聞くと真っ先に思い浮かべるのが主にカナダのメープルシロップ、つまりカエデの樹液ですね。

f:id:kusanagitoki:20150722212714j:plainまさに楓の水…



独特の甘い香りとシロップ類の中では比較的GIが低く73(白砂糖は109、黒糖は99、ハチミツは85。GI値で好成績なのはアガベシロップで28、ココナツパームシュガーの35、甜菜糖の65なのでこれらには及ばない)で白砂糖の様に体を冷やす糖分ではない甘味料として人気のあるシロップです。
このメープルシロップを作る最初の工程の中で出来る水がメープルウォーターで、メープルウォーターを煮詰める事であの濃厚なメープルシロップになります。煮詰める前のメープルシロップ、と考えると分かりやすいと思いますが甘味はほのかでさっぱりとした飲み口で天然の糖分は240ml当たり5g未満と控え目で低カロリーなのも嬉しいところ。

シロップよりも癖がないので飲みやすく、珈琲やスムージー、料理にも使えるのも人気の1つでしょう。SEVAと言う販売元ではおすすめの飲み方の1つとして、メープルウォーターでコーヒーを抽出すると言う方法を紹介しています。その他にも果物や野菜を入れてデトックスウォーターにしたり、夏にぴったりの冷製スープにもよく合います。

メープルウォーターに含まれる健康効果は?

米国内で発売されているブランドの一つである『DRINKmaple 』によると、メープルウォーターはココナッツウォーター同様に、運動で失われる電解質の補給ができるほか、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなど46種類もの栄養が含まれているといいます。メープルウォーターの濃縮物であるメープルシロップには20種類以上の抗酸化物質が含有されており、メープルウォーターにも抗酸化作用・抗がん・抗菌・糖尿病予防作用が含まれる可能性が高く研究が進められています。具体的なミネラルの一例としては、カルシウム・亜鉛・マンガン・カリウム等があり、ビタミンB1.2.ナイアシン等も含まれています。これらのビタミン群は通常の上白糖には含まれない栄養素です。

また、ココナッツウォーターの様な暑い地方の植物は基本的に体を冷やす効果がありますから、冷え症の人や特に月経前の女性は摂取に気を付ける必要がありますがメープルウォーターに関してはその問題はなさそうです。
体に必要な電解質や活性酸素吸収能力に加え、メープルウォーターに含まれる注目の成分がアブシシン酸(ABA)と呼ばれるもので、インスリン感度を高めて血糖値を押さえてくれる働きや免疫系を刺激してくれたりする作用があります。アブシシン酸はまだ健康効果が発見されて間もない植物ホルモンで、人体に対してはインスリンの分泌を促進し脂肪細胞のインスリン感度を高めるとされており肥満や糖尿病に対する作用が期待されています。

ココナッツウォーターの次世代はコレ!と話題になっているメープルウォーター、日本でも輸入食品店やインターネット通販で入手する事ができます。熱中症対策やスポーツ前後の水分補給として優秀なこれらのフレーバーウォーターは”水”ではなく糖分が含まれている事には注意しましょう。
f:id:kusanagitoki:20150722213315j:plain
特に熱中症が発生しやすい夏場は”水”と”メープルウォーター”を上手く使い分けて、しっかりと水分摂取を心掛けながらその健康効果を活用してみてはいかがでしょうか?

Amazonで購入することが出来ますので、ぜひ試してみてください。