体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

自転車のパンクの原因と対処法。チューブを傷つけないよう迅速にパンクを直そう

f:id:nariking1017:20150730162542j:plain
自転車の故障で一番多いのがタイヤのパンクです。
自転車がパンクをした時、みなさんはどう考えるでしょうか。
たぶんほとんどの方が運がなかった、仕方がないと考えてしまうかと思います。
運が悪かった、確かにそれが間違っているとはい言いませんが、本当にパンクすることを防ぐ方法はなかったのでしょうか。
ここでは、自転車のパンクについて様々な原因と共に考えていきたいと思います。


突然訪れる不慮のパンクに多い原因は、鋭利な異物を自転車で踏んでしまったということではないでしょうか。
確かに道端にガラスや釘のような尖ったものが落ちている場合、それに気づいて避けるべきだというのは簡単ですが、タイヤの目の前の地面ばかりに目をやって自転車を漕ぐのも危険なため、その場合は本当に運がなかったと言わざるをえません。

その他の原因としては、何かしらの原因でチューブに傷ができたということが真っ先に考えられます。
例えば、タイヤやホイールの傷もその要因。
高圧状態にあるチューブはタイヤやホイールの少しの傷でも、その摩擦によって傷ついたり穴が開いたりしてしまいます。
また、リムと呼ばれる車輪の骨格を作る部分、外側にチューブやタイヤがつく金属の部分に、段差などが原因でチューブが押し付けられ傷ができてしまうこともあります。

このように、ホイールやタイヤ、リムが原因でチューブに穴が開いたり傷が付いたりしてパンクするということは多くあります。
もちろんこういったパンクも運が悪かったということもありますが、あまりに頻繁にパンクするという方は、何か原因があるのかもしれません。

タイヤに空気を入れすぎる、つまりタイヤ圧が高すぎる場合は、タイヤ圧を適正な空気圧にしたり、ホイールやタイヤ、チューブのサイズがきちんとあっているかも確かめておきましょう。
また、先に述べたように走行後、タイヤやホイールに大きな傷がないかをチェックしておくことも大事です。
当然ですが、タイヤに異物が刺さっている場合などはすぐに取り除いておきましょう。
チューブのバルブ(空気を入れる部分)も空気を入れる際は引っ張ったり曲げたりしないようにしてください。
強い衝撃をかけると根元が剥がれてパンクの原因になってしまいます。

このようなことをしっかりとチェックすることで、全てのパンクを防げるとは言いませんが、パンクする回数を少なくすることは可能です。
それでもあまりにパンクするという方は、タイヤやチューブを取り換えることも視野に入れた方がいいかもしれません。

最後に、当然のことですが自転車のチューブの中の空気が少ない状態で走るのは、チューブを傷つける原因になります。
少なくとも一週間に一度くらいのペースで、しっかりとタイヤの空気をチェックして、少なくなっている場合はきちんと空気を入れてから乗るようにしましょう。
また、パンクしてしまった際は、すぐに自転車から降りて自転車を押して運んでください。
パンクした状態で自転車に乗ると、チューブはもちろん、タイヤやホイールもダメになってしまい、修理代が高くついてしまったということになると目も当てられません。

裏話ですが、ネット通販で自転車を買うとパンク修理も1年無料になります。
自転車のオススメの購入方法については下記の記事が参考になりますので、ぜひ一読してみてください。www.hazimetetensyoku.com

安全なクロスバイクを一番安く買う方法。www.hazimetetensyoku.com