体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

子供と犬の共同生活にはメリットがいっぱい!ペットが子育てに与える効果とは?

f:id:nariking1017:20150730123356j:plain
「子供が生まれるから、犬を知り合いや実家に預けよう」とか「衛生的に悪そうだから子供と犬を一緒に生活させるのはやめておこう」などと考える方も多いかと思います。
確かに生まれたばかりの赤ちゃんと犬を同じ部屋の中で生活させたり、犬に対するアレルギーがあるのかないのかわからない内に犬を飼ったりすることは、おすすめできることではありません。

しかし、そういった場合でなければ、実は子供と犬の共同生活にはさまざまなメリットがあると言われているのも事実です。


多くの方が犬を飼う理由として、癒されるという理由を挙げるかと思います。
犬の仕草や自分になつく様はとてもかわいいものです。

もちろん子供も犬を見て、可愛いという気持ちを持ってくれる場合がほとんどですが、赤ちゃんの時は違います。
犬と同じにしてはいけないのかも知れませんが、赤ちゃんも可愛いものです。
ただ赤ちゃんを育てるということは思った以上に体力的にも精神的にも大変なことでしょう。

そういった精神的な疲れをペットは癒してくれます。
また、犬はもともと母性本能の高い生き物ですので赤ちゃんと兄弟のように接してくれることが多いため、赤ちゃんが泣くと心配そうに部屋を覗きこんだりする犬もいるそうです。
そういったお母さんの精神的なケアという部分でも犬は役に立ってくれます。
当然のことですが、犬の世話でお母さんの手をさらに煩わせてしまっては元も子もありませんからそこはまわりの家族でしっかりと犬の世話をおこないましょう。

また、お母さんの精神的な安らぎという部分以外でも、犬は子供の情操教育にも役立ってくれます。
学校で学ぶ国語や算数などの知識教育も簡単なことだとは言いませんが、感情や心の豊かさを教える情操教育はとても難しいことです。
しかし、犬を飼うことで自分より弱いもの(実際は強いのかも知れませんが)に優しく接することや自分以外、人間以外の命の重さも自然と学べます。
特に兄弟のいない一人っ子の環境の家庭は犬を飼うことはおすすめです。

その他にも子供の頃に犬と一緒に生活をしていると、喘息やアレルギーの予防になるという結果が実際にでていますし、腸内細菌も増えて免疫力も高まります。
かといって不衛生な環境で犬と子供を一緒に生活させることがいいという訳ではありません。
犬の寝る場所と子供の寝る場所はしっかりと分けたほうがいいですし、子供のために空気清浄器などを使うのもおすすめです。
また、犬のベットや毛布なども定期的に綺麗にしましょう。
当然のことですが、犬自体もしっかりとシャンプーなどをおこない綺麗にしておくことは大事なことです。

子供が自分以外の生き物と共同生活をする、ということは大変なこともありますが、このようなメリットもたくさんあります。
ぜひ、子供の教育のためにも犬を家族の一員に迎え入れてみてはいかがでしょうか。
ただし、当然ながら犬が好きということは絶対条件になりますが。