読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

ムダ毛を薄く生えにくくする豆乳ローションでツルツル美肌を手に入れよう!

f:id:galbokun:20150703120946j:plain

これまでのムダ毛処理の定番としては、カミソリや脱毛クリーム、皮膚科やエステで行う永久脱毛などが代表的なものでした。
どれも一長一短といったところで、結局何が一番良いのか分からない…という人も少なくなかったように思います。

そんななかで新たに登場した救世主、それが豆乳ローションです。
安心安全で肌に優しく、経済的で、ムダ毛をなくす以外の美容効果まで期待できる革新的なローションは瞬く間に人気となりました。


ムダ毛に効くイソフラボン

そもそもムダ毛と呼ばれる体毛は、男性ホルモンによる刺激によって発生し成長します。
男性ホルモンが活発であればあるほど、体毛が濃くなり、目立つようになります。
つまり、女性ホルモンを補ってあげることで男性ホルモンの影響は小さくなりムダ毛も薄くなるというわけです。

そこで登場するのがイソフラボンです。
豆乳の元となる大豆には、イソフラボンが豊富に含まれています。
イソフラボンは女性ホルモンの一種エストロゲンをよく似た作用をもっており、これを摂取することで女性ホルモンと同様の働きが期待できるのです。
エストロゲンそのものは過剰摂取することでガンのリスクが高まる恐れがありますが、イソフラボンにはこういった副作用がないので安心して使用できます。

豆乳ローションの驚くべき効果

豆乳ローションを使うことで、次のような効果が期待できます。


①ムダ毛が薄く抜けやすくなる

イソフラボンによって、ムダ毛の成長が遅くなり、また抜けやすくなります。
毛を黒くする毛包メラノサイトと呼ばれる細胞のはたらきを抑制する作用もあるため、ムダ毛が薄く目立たなくなります。


②新たなムダ毛が生えにくくなる

毛母細胞が弱ることで、ムダ毛が生えにくくなります。
ムダ毛を剃った後、それ以上伸びてこなくなったという体験談も数多くあります。


③肌が白くなる

豆乳ローションのすごいところは、ムダ毛の撃退だけではありません。
豆乳に含まれるサポニンという物質には、皮膚の汚れや毛穴に詰まった皮脂などをキレイに掃除してくれるはたらきがあります。
豆乳ローションにはレモン果汁を使用するため、サポニンによって毛穴がキレイになったところへビタミンCが吸収されて肌が白くなるというわけです。

ビタミンCは美肌には欠かせない栄養素で、メラニン色素の除去やターンオーバーなど肌を白く美しくしてくれるはたらきがあります。
ムダ毛予防のために豆乳ローションを使用していたら、肌が白くなり透明感が増したという人も多いそうです。

豆乳ローションの作り方

では、肝心の豆乳ローションの作り方をご紹介します。


用意するもの
・無調製豆乳(大豆固形分8%以上のもの) 500ml
・レモン 2個
・消毒用アルコール(消毒用エタノール) 60ml


①レモン絞り器などを使って、レモン2個を絞る。

②豆乳を鍋に入れ、弱火にかけてゆっくりかきまぜる。
60度くらいになったら、①のレモン果汁を入れる。

③弱火でかきまぜながら、豆乳が固まり始めたら火から下ろす。
消毒用アルコールを加え、またかきまぜる。

④ボウルにステンレスのざるを重ねて、ざるの中にコットンタオルを敷く。
コットンタオルの上にキッチンペーパーを敷いて、ゆっくりと③を流し入れる。

⑤しばらく放置した後、ぎゅっと絞ってローションを抽出する。
スプレー式の容器や瓶に入れて保存する。

だいたいこれで350〜400ml(一ヶ月分程度)が作れます。
冷蔵庫で一週間ほど保存できますが、もっと長持ちさせたい場合は小分けして冷凍保存すると半年はもちます。
使用する際には、加熱せず自然に解凍するようにしましょう。


爽やかなレモンの香りがほんのりとして、お風呂上がりにつけると気持ちのよいローションです。
安価でそれほど手間もかからずに作れるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?