体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

自宅でできるお尻の筋肉のトレーニング!美しいヒップラインを手に入れよう

f:id:nariking1017:20150625144925j:plain
歩行やさまざまなスポーツで重要な役割を果たしているのがお尻の筋肉です。
また、それ以外にもお尻のたるみを防ぎキュッと持ち上がった綺麗なヒップラインを維持するためにもお尻の筋肉は役に立っています。
そんな、お尻の筋肉を鍛えることが出来る筋トレメニューを紹介いたします。

ジムにも通わず、道具も使わず、自宅で簡単におこなえる筋力トレーニングのみを厳選いたしました。



1.バックキック

引き締まったお尻を作るために最適なトレーニングがバックキックです。
バックキックでは主にお尻のふくらみの部分である大臀筋や、太ももの裏の筋肉を鍛えることができます。
大臀筋を鍛えることで、綺麗なヒップラインを作ったり、脚を長く見せることができるのです。
バックキックのやり方は、まず肩幅くらいの幅で手と膝を地面について四つん這いになります。
その状態から、片方の足を後方にゆっくりと膝を伸ばしながら上げましょう。
膝が伸びきったら、ゆっくりと元の位置まで戻します。
これを左右の足でバランスよくおこなってください。
バックキックをおこなう上で気を付けておくべきことは、膝を伸ばした状態で一度停止させて降ろすことを意識しておこなうということです。

2.プローンシングルレッグレイズ

プローンシングルレッグレイズは、大臀筋を集中的に鍛えることができるトレーニングです。
まずは、床にうつぶせに寝そべってください。
その際、脚はまっすぐに伸ばした状態にしておきましょう。
その状態から膝を伸ばしたまま、片足をゆっくりと上に持ち上げます。
その後、ゆっくりと床スレスレの位置まで膝を伸ばしたまま足を降ろします。
この繰り返しです。
プローンシングルレッグレイズをおこなう上で気を付けておくべきことは、脚を挙げた際に一瞬停止させることと反動を利用して上げ下げをしないということを意識しながらおこなってください。

最後に

以上が自宅で簡単にお尻の筋肉を鍛える筋力トレーニングの代表的なメニューになります。
お尻の筋肉は、上半身と下半身を繋ぐ重要な役目を持つ筋肉です。
美しいプロポーションを保つだけでなく、立ったり、歩いたり、座ったりと日常的な動作の中でも大切な役割を果たしています。
また、お尻の筋肉を鍛えることは腰への負担の軽減にもつながりますので、腰痛の予防にも役に立つのです。
日頃なかなか鍛えることが難しいおしりの筋肉を、定期的にトレーニングすることは、とても大切なことだと言えるでしょう。