読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

エゴマ油で認知症予防ができる!驚くべきα-リノレン酸の効能とは?

f:id:galbokun:20150703122033j:plain

今話題のエゴマ油は、認知症予防に効果があるといわれています。
その他にも様々な病気の予防効果やダイエット効果まで期待できる万能オイルです。

なぜエゴマ油が認知症予防に効くのでしょうか?
また、どのように摂取するのが最適なのでしょうか?
今回はエゴマ油の健康効果についてご紹介したいと思います。



エゴマ油が認知症予防に効く理由

エゴマはシソ科の1年草で、この種子から抽出されるのがエゴマ油です。
エゴマ油の特徴はなんといっても、α-リノレン酸が豊富に含まれているという点です。

α-リノレン酸には、体内に入るとDHAやEPAに変化するという性質があります。
DHAやEPAは聞いたことがある方も多いと思いますが、青魚などに多く含まれており、脳に良い影響を与えてくれる栄養素です。
これらを摂取することにより、脳の血流を改善したり、衰弱した脳の神経細胞を活発にしたりする効果が期待できます。

脳の神経細胞は他の細胞とちがって、一度死んでしまったものを再生することはできません。
しかし、このα-リノレン酸によって、老化した神経細胞をそのまま死滅させず元気にすることで、認知症の予防ができるというわけです。

こんなにあるα-リノレン酸の効能

α-リノレン酸の効能は認知症予防だけではありません。

・うつ病
・高血圧
・糖尿病
・脳卒中
・動脈硬化
・ガン
・中性脂肪・コレステロール
・視力
・記憶能力

これだけ多くの効能をもつα-リノレン酸ですが、実は他のオイルにも含まれています。
しかし、他のオイルのα-リノレン酸含有量はせいぜい10%程度にとどまります。
それに対して、エゴマ油には60%ものα-リノレン酸が含まれています。

さまざまな病気の予防・改善効果をもつα-リノレン酸が60%も含まれているエゴマ油は、いわば天然の万能薬ともいえます。

エゴマ油の摂取方法とは?

そんなエゴマ油ですが、どのように摂取すれば良いのでしょうか?
万能なエゴマ油には、一つ弱点があります。
それは、酸化しやすいということです。

酸化を起こしてしまうと、せっかくの優れた栄養価が低下してしまいます。
酸化を防ぐためには、とにかく酸素になるべく触れさせないことが大切です。

そのため、熱を加えるような料理に使用するのではなく、加熱せずにそのまま摂取するのが最適です。
そのまま飲めるという方はもちろんそのままでもOKですが、油をそのまま摂取するのに抵抗がある方は加熱しない料理に使うのがおすすめです。

サラダのドレッシングを作るときに使うと、美味しくエゴマ油を摂取できます。
エゴマ油を保存する際は、できるだけ酸化を防ぐために冷蔵庫で保存するようにしましょう。

一日あたり小さじ1杯程度が理想的

エゴマ油の一日あたりの理想的な摂取量は、小さじ1杯くらいといわれています。
体に良いからといって大量に摂取せず、小さじ1杯を毎日続けるようにしましょう。
α-リノレン酸は体内で作り出すことができないため、日々の食事から摂取するしかありません。


エゴマ油は手軽に摂取できて、価格もそれほど高くないので経済的でもあります。
認知症をはじめとする深刻な病気を予防し健康な体をキープするために、毎日小さじ1杯のエゴマ油を食生活に取り入れてみると良いと思います。