体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

夏の食欲不振を治す方法!夏バテ防止に必要な栄養素とは?

f:id:nariking1017:20150715144958j:plain
これから本格的な夏を迎え、楽しいことがたくさん待っているとワクワクしている方もいるかと思いますが、夏に怖いのはやはり夏バテです。
夏は気温が暑く、日差が強いことから普段以上に体力を消耗します。
体力を消耗するということは、体の中の水分や栄養素をたくさん消費することにつながり、これが夏バテの原因になってしまいます。


夏バテになると、食欲不振や体のだるさ、不眠症などさまざまな弊害がでてきます。
こういった夏バテを予防するには、体力をつけることが一番です。
体力をつけるということはつまり、たくさんの栄養素を摂ることができる食生活を送るということです。
夏バテ防止に必要な栄養素は、

・ビタミンB1、B2
・ビタミンC
・クエン酸

などが挙げられます。
ビタミンB1やB2の主な働きとして、糖分をエネルギーに変えるという働きがあります。
特に夏になると、水分補給のためにジュースを飲んだり、アイスを食べたりすることが多く、他の季節よりも糖分を多く摂りがちです。
それが原因で、体内のビタミンB1が不足してしまうのです。
また、ビタミンB1やB2は水に溶けやすい性質を持っているため、汗をかきやすい夏場は、ビタミンB1やB2が失われやすいのです。

それでは、ビタミンB1、B2が多く含まれている食べ物とはどのようなものでしょうか。

・ビタミンB1やB2を多く含む食品
豚肉、レバー、うなぎ、玄米、きな粉、納豆、豆腐、枝豆、グリーンピース、そら豆、たらこ、かつおぶしなど。

こういった食品にビタミンB1やB2は多く含まれています。
ビタミンB1やB2には、糖をエネルギーに変える働き以外にも、老廃物の代謝をおこない、疲労を回復してくれる働きもありますので夏バテ防止にはまさにうってつけです。

また、夏は暑さによる不快感や寝苦しさからストレスを感じるとビタミンCが多く消費されます。
そのため、夏場に必要な栄養素としてビタミンCも不足しがちな栄養素のひとつです。

・ビタミンCを多く含む食品
パセリ、レモン、ピーマン、柿、キウイフルーツ、いちご、ブロッコリー、カリフラワー、パパイヤ、モロヘウヤなど。

ビタミンCは、果物や野菜に多く含まれています。
ビタミンB1の摂れる肉類などと一緒に、野菜や果物をしっかりと摂り、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

クエン酸は、体内で食物をエネルギーに変える働きをする有機酸のひとつです。
そのため、エネルギーを生み出すためには必要不可欠な栄養素だと言えます。
また、クエン酸は体にたまった乳酸を除去する働きがあるので、疲労回復にも役立ちます。

・クエン酸を多く含む食品
レモン、グレープフルーツ、いちご、パイナップル、キウイフルーツ、梅干し、お酢、アセロラなど。

クエン酸は酸味の多い食品に多く含まれています。
また、クエン酸は体の代謝を高め、血液中のにおい成分を早く分解できるため、汗の臭いを抑えられるという、夏には嬉しい効果も期待できます。

以上が夏バテ防止に役に立つ栄養素と食品になります。
これらの食品を取り入れたバランスの良い食生活をおこない、夏バテ吹き飛ばして楽しい夏を過ごしましょう。