体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

40代が感じる視力の衰え。加齢で目が弱ると起こる症状とは?

f:id:nariking1017:20150713103201j:plain
特に40代に入った辺りから、視力が低下し目の衰えを感じている人も多いようです。
実際のところ加齢による目の衰えは、もっと前から始まっていると言われており、その原因はさまざまですが、老化によるものは誰もが関係のあることだと言えます。


まず、加齢による目の衰えの具体的な症状としては、老眼と白内障が挙げられます。
老眼は、老化によって目の調節機能が衰え、調節できる範囲が狭まってしまうことを言います。
それにより、近くが見えなくなったり、遠くが見えなくなったりしてしまいます。
また、老眼を患うと肩こりや目の疲れ、頭痛に吐き気などを伴うことが多いと言われています。

白内障は、目の中にある、カメラのレンズのような働きを持つ水晶体と呼ばれる部分が白く濁ってしまい目が見えにくくなります。
水晶体が白く濁ることで光がうまく眼底に届かなくなり、視力の低下をはじめ、視界がかすみがかったり、明るい場所と暗い場所で同じものなのに違う見え方になったりしてしまいます。
水晶体が白く濁る原因にはさまざまなものがありますが、基本的には老化によるものであり、個人差はありますが誰にでも起こる症状だと言えるでしょう。

その他にもドライアイや緑内障、加齢黄斑変性なども目の加齢現象として挙げられます。
ドライアイは読んで字のごとく、目が乾燥した状態であり、涙の量が減ったり、涙の成分が変化することで目の表面が傷ついてしまう現象です。
ドライアイは加齢以外にもテレビやパソコン、スマートフォンなどで目を酷使しすぎたり、コンタクトレンズの使用による乾燥、夜更かしなども原因とされています。

緑内障は、目に入ってくる情報を脳へ伝達する視神経に障害をきたし、視野が狭くなっていく症状です。
緑内障の恐ろしいところは、進行が非常にゆっくりのため、自覚症状があまりなく、発見が遅れることだと言えます。
発見が遅れ、治療が遅くなると失明に至ることも少なくはありません。
そのため、定期的に眼科検診を受けることが大変重要になってきます。

加齢黄斑変性は、目の中の黄斑と呼ばれる部分が加齢が原因でダメージを受け、視力が低下します。
その結果、モノがゆがんで見えたり、視界が暗くなったり、欠けたりしてしまいます。
また、加齢黄斑変性も緑内障と同じように、失明に至る可能性のある症状のため、大変注意が必要です。

加齢による目の衰え以外にも、紫外線などが原因となる場合も多く、紫外線をカットする眼鏡を外出時にはかけたり、テレビやパソコン、スマートフォンの画面を眺めすぎないことや、ブルーベリーなどの目に良いとされる食べ物を摂取することなどがおすすめです。

また、加齢による症状は避けることができませんので、症状が出始めたら、自分にあった眼鏡を利用し、目にできるだけ負担をかけないようにしましょう。
視力というものは、私たちにとって死ぬまで付きあっていかなければならないもののひとつです。
できるだけ健康な毎日を送るためにもできるだけの事はしっかりとおこなっていくことが大事です。