体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

本格的にサイクリングを始める時に用意しておくべき道具や工具。自転車のメンテナンスは出来るようにしておこう

f:id:nariking1017:20150622174715j:plain
健康目的や趣味でサイクリングをはじめる方が最近は増えてきているようです。
ダイエットやメタボ対策、運動不足やストレス解消を無理なくおこなえ、爽快感の味わえるサイクリングはさまざまな年代の方におすすめです。
ただし、本格的にサイクリングをはじめる場合、自転車のメンテナンスは必ずおこなわなければなりません。

そこで、これだけは持っておいたほうがいいというおすすめの自転車のメンテナンスグッズを紹介したいと思います。



1.エアポンプ

自転車のメンテナンスの必需品と言えばエアポンプ。
サイクリングの際はタイヤの空気を常にベストの状態にしておくことが大事だということは言うまでもありません。
また、タイヤの空気圧調整も大事ですので、できれば空気圧計を備えたエアポンプを選びましょう。

2.チェーンオイル

自転車のチェーンのメンテナンスに欠かせないのがチェーンオイル。
チェーンのオイルは自転車で走る際に、常に周囲に飛び散っており、少しづつなくなっていきます。
オイルがない状態で走り続けると、加速度的にチェーンの摩耗が進み、最悪の場合、チェーン自体を交換しなければならなくなってしまいますので注意が必要です。

3.六角レンチ(アーレンキー)

自転車には六角レンチを使用する箇所が多いため、色々なサイズの六角レンチを用意しておくと大変便利です。
サドルの上げ下げやハンドルの調整をはじめ、さまざまなところで役にたってくれます。

4.ドライバー、ペンチ類

六角レンチに比べるとそれほど使用する箇所は多くはありませんが、用意しておくことに越したことはありません。
六角レンチやプラス、マイナスドライバー、ペンチなど、さまざまな工具がひとつになった自転車工具セットも売られていますので初心者の方はそちらを購入するのもいいかもしれません。

5.パーツクリーナー、ウエス

自転車の掃除に役に立つものがパーツクリーナーやウエス(拭き取り用の布)です。
チェーンの汚れを落としたり、自転車のフレームやパーツを水拭きしたりと日々の手入れをしっかりおこなうことで、長く自転車を使用することが可能です。

自転車を購入する時に、最低限エアポンプとチェーンオイル、六角レンチがあれば充分ですが、その他の道具も家に常備しておくことに越したことはありません。
しっかりと自転車の手入れをおこなうことで自転車の乗りやすい状態を保ち、長く愛用することが可能です。