読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

筋肉を付けるのに最適な食材とは?たんぱく質豊富で低脂肪の食材まとめ

f:id:nariking1017:20150624231819j:plain
筋肉を強くするためには、筋力トレーニングをおこない、筋肉を一度壊してしまうことが一番の方法です。
筋肉は壊れることで、今まで以上に強い筋肉として生まれ変わります。
ただし、筋肉の絶対量を増やすのであれば、外部から筋肉の元であるタンパク質を摂取するのが一番だと言えます。
それではどのような食材が筋肉を増やすのに最適な食材なのでしょうか。


1.卵

映画や漫画などでトレーニングの後に生卵をそのまま飲むシーンを見かけたことがあるかと思います。
卵は完全栄養食品と呼ばれるほど多くの栄養素を含む食材です。
タンパク質も卵一個につき6gも含まれているため、筋肉をつけるのには最適です。
ただし卵はコレステロール値も高いため、食べ過ぎには注意が必要です。

2.納豆

納豆はタンパク質を多く含んでいるだけでなく、動脈硬化などの生活習慣病の予防や整腸作用などさまざまな効果が期待できる健康食品です。
納豆には1パック約8.25gのタンパク質が含まれていますが、卵とは違いコレステロールはなんとゼロです。
ただし、納豆は思った以上にカロリーが高く、痛風などの原因でもあるプリン体も含まれているため、一日2パックにとどめておきましょう。

3.鶏胸肉

鶏胸肉はカロリーや脂質の量が低い割にはタンパク質の量は豊富という、筋肉をつけたい方にはスーパー食材と言っていいほどの食材です。
また、代謝を助けるビタミンB6も含まれているため、ダイエットをしている方にもおすすめ。
その上、値段は他の肉類に比べて格段に安く、言うことなしの食材になっています。

4.牛ヒレ肉

牛肉には筋力アップや筋肉の増加という、まさに筋力トレーニングと相性抜群のクレアチンが多く含まれています。
その中でも牛ヒレ肉は、他の部位に比べて脂身も少ないため、大変おすすめです。
タンパク質の合成や筋肉の回復にも役に立つ亜鉛も含まれていますが、値段が高いため、さすがに毎日という訳にはいかないところがたまにキズの食材です。

5.豚ヒレ肉

豚肉にはタンパク質だけでなく、糖質をエネルギーに変換する手助けをしてくれるビタミンB1が多く含まれています。
また、ビタミンB1は疲労回復の効果も期待できますので、筋力トレーニングには最適な食材です。
牛ヒレ肉に比べて値段が安く、定期的に摂取しやすいのもおすすめの理由のひとつです。

最後に

このように、タンパク質は食材の主食になるものに多く含まれています。
ただし筋肉をつけるためにはタンパク質ばかり摂るよりも、他の栄養素と一緒にバランス良く摂るほうが効果的です。
上記の食材を取り入れたバランスの良い食事を心がけて、効率の良い筋力アップを目指してください。