体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

ランニングシューズの正しい選び方。クッション性を意識して靴を選ぼう

f:id:nariking1017:20150622100537j:plain
ランニングを始める際に必要になってくるモノがランニングシューズです。
中には、普通の運動靴やスニーカーでいいんじゃない?という方もいますが、せっかく健康のためにランニングを始めたのに、怪我をしてしまっては元も子もありません。
普通に歩いている時に比べ走っている時は、約3倍の体重が足にかかると言われています。
それを長時間となると足への負担はかなりのものです。
通常の靴にくらべて、ランニングシューズはクッション性と軽さを兼ね備えているため、疲れにくく、怪我の防止にもつながるのです。



ランニングシューズを選ぶ際には、目的や自分自身のレベルに応じて選択することが重要です。

ここでいうランニングとは、レースなどとは違い、健康目的に日常でおこなうランニングで考えていますので、トレーニング用のシューズから選びましょう。

そのため、靴の重量よりもクッション性を重視することをおすすめいたします。
クッション性が高くなると、当然ながらそのぶん重量は増します。
もちろん軽量化されているランニングシューズのほうが、疲れにくく長時間走るのには適しています。
しかし、ランニングをはじめたばかりの方は、比較的足の筋力弱いため、安全性重視のランニングシューズを選ぶのが良いでしょう。
ランニングを続けて、足の筋力も付き、慣れてくればクッション性と軽さを兼ね備えたランニングシューズに切り替えてもいいかもしれません。
ただし、レース用のランニングシューズは、いかに速く走れるかを重視しており、大胆に軽量化されています。
そのため、足の筋肉や関節にかなりの負担がかかってきますので、健康目的でランニングをおこなう方はやめておきましょう。

最近では、インターネットの普及によってさまざまなモノを自宅で手軽に購入することができます。
しかし、ランニングシューズに至ってはインターネットショッピングなどはやめて、店に出向いてしっかりと試し履きをして購入することをおすすめいたします。

ランニングシューズは少し余裕のあるものが良いと言われていますので、普段履いている靴よりも、0.5~1.0ほど大きめのものがおすすめです。
かかとを上げた際に、ずれずにしっかりとホールドしているモノを選びましょう。
また、足のサイズは、むくみなどにより時間で変わってしまいますので、ランニングをしようと思っている時間に購入するとよいでしょう。
ランニングをおこなう時間を決めていない場合は、午後のほうが午前に比べて足のサイズが大きくなりますので、午後に購入すると良いでしょう。
試し履きの際は、片足だけでなく、両足で履いてしっかりと靴ひもを結び、少し店内を歩いてみるといったことまですることをおすすめいたします。

最後に、当然のことですがランニングシューズにも寿命はあります。クッション性がなくなった状態で履き続けると怪我の原因にもなりますので、きちんと買い替えることも重要なことです。