体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

肩こりや疲労感の原因になるストレートネックとは?スマホが引き起こす健康被害

f:id:galbokun:20150703132532j:plain

ストレートネックという言葉をご存知ですか?
首猫背とも呼ばれるこの姿勢は、スマホやパソコンを長時間しがちな現代人に増えているといいます。

頭が前に突き出たような状態は見た目が悪いだけでなく、さまざまな悪影響をもたらします。
放っておくと恐ろしいストレートネックですが、どのように治していけばよいのでしょうか?


ストレートネックとは?

本来、人間の首の骨というのは、前方にゆるやかなカーブを描いて反っているのが正しい形です。
そのカーブがあることで、約5kgもある重い頭を安定して支えることができるようになっています。

首の骨がまっすぐな状態になってしまうと、非常に不安定で首や肩に大きな負担がかかるようになります。
これがストレートネックと呼ばれる状態です。

ストレートネックの症状とは?

・肩こり
・首こり
・頭痛
・めまい、吐き気
・疲労感、だるさ
・下膨れ、二重あご、むくみ
・視力の低下
・免疫力の低下

特に、原因不明の肩・首コリがひどいという方はストレートネックに陥っている可能性が高いかもしれません。
ストレートネックは頭を正しい位置で支えることができていないため、必要以上の負担が首や肩にかかっています。
正しい姿勢の場合に比べて、その疲労感は何倍も大きくなります。

首・肩コリがひどくなると、頭痛や吐き気をも引き起こしてしまいます。
そういった状態が当たり前のようになってくると、気持ち的にも憂うつになりやすく、健康で快活な生活とは程遠いものになってしまいます。

見た目も悪いストレートネック

美容面でも、その影響は決して小さくありません。
知らず知らずのうちに頭を前に突き出したような姿勢になるため、とても見た目が悪くなります。

下膨れや二重あご、顔の輪郭のたるみなどを引き起こし、締まりのないぶよぶよとしたフェイスラインになることで顔が大きく見えてしまいます。

解消するには?

ストレートネックは、首を前に突き出すような姿勢を長時間続けているとなりやすい症状です。
特にパソコンやスマホに集中しているとなりがちなので、そうした姿勢をとらないように気をつけましょう。

少し首が前に出ている感じがしたら、大きな鏡で横からチェックしてみるのがおすすめです。
こんな変な姿勢になってるんだ…と自覚して、後頭部を2、3cmほど引くようにします。

また、長時間同じ姿勢でいることを避け、1時間に1回は立ってストレッチを行うなどして軽く体をほぐしてあげることが大切です。

簡単ストレッチで正しい姿勢に

ストレートネック解消に役立つストレッチとしては、次のようなものがあります。


あご押し体操

①立った状態でも座った状態でもOKなので、姿勢を良くします。
②顔は正面を向いたまま、あごをぐっと後ろに引きます。
③あごを親指で押して、さらに後ろにスライドさせます。
首の後ろが伸びているのを感じながらやると分かりやすいです。

この体操によって、本来の正しい頸椎のカーブを取り戻すことができます。
前に突き出てしまっている頭部を、あごを押すことで後ろへ押し込めるような感覚です。
あまり早い動作でやらずに、ゆっくりと行うのがポイントです。


胸反らし体操

①立ったまま、後ろで手を組みます。
②大きく息を吸いながら、肩甲骨をくっつけるようなイメージで胸を反らして、首もゆっくりと後ろに反らします。
③ゆっくりと息を吐きながら、元に戻していきます。
④これを5回ほど繰り返します。

これも、ゆっくりと行うことが大切です。
これらの体操を毎日行うと、ストレートネックの改善にとても効果的です。
どちらも簡単にできるので、姿勢を意識することに加えて毎日の習慣にすると良いと思います。


ストレートネックは、百害あって一利なしです。
自分がストレートネックかも?という方は、少しでも早く改善に取り組まれることをオススメします。