体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

ダイエットに使える重曹レモン水の作り方!重曹レモンダイエットとは?効果はあるの?

f:id:galbokun:20150703140345j:plain

食事制限や運動ナシで痩せたい、そんな人にぴったりなダイエット方法があります。
その名も、重曹レモン水ダイエットです。

重曹を加えたレモン水を飲むだけで良いというシンプルさが人気で、にわかにブームになっています。
ただの重曹レモン水を飲むことがなぜダイエットにつながるのでしょうか?



なぜダイエットに効くのか?

お菓子作りなどにも使われる重曹は、レモンのクエン酸と反応することで炭酸ガスを発生させます。
重曹レモン水とは、レモンの炭酸水ということになります。
これを飲むと、炭酸ガスがお腹をふくらませてくれるので食べ過ぎの防止になります。
普通の水より満腹感を得られるというわけです。

炭酸ガスには、脂肪や糖を食物繊維と結合させるという作用もあり、ダイエット効果が期待できます。
炭酸ガスによって胃が膨らむと、脳が満腹であると判断し、腸の働きが活発化されます。
腸の運動が活発になることで便通の改善にも役立ちます。

それだけではありません。
クエン酸には代謝を上げる効果があるため、脂肪が燃焼されやすい痩せ体質へと変えてくれます。
重曹レモン水は単純なようですが、非常にダイエット効果が高い飲み物なのです。

簡単!重曹レモン水の作り方

用意するもの
・水 200cc
・レモン 4分の1個
・重曹 1g

レモンがない場合は、レモン汁でも代用できます。
また、食用のクエン酸でもお使いいただけます。

水はなるべくよく冷えたものを用意しましょう。
常温でも問題はありませんが、冷水のほうが発泡が長持ちします。

必ず食事中に飲もう!

これを食事のときに飲むだけでOKですが、食前食後ではなく食事中に飲むことを心がけましょう。
ジュースとは違って甘味がまったくないので、最初は少し飲みにくさを感じる人もいるかもしれません。

しかし飲み慣れてくると、料理の味を邪魔せずに脂っこさを流してくれるサッパリした風味を好きになる人も多いようです。
お冷やでレモン水を出すお店もあるほど、料理とレモン水はもともと相性の良い組み合わせなので、それほど違和感なく馴染めるのではないかと思います。

一日の摂取量の目安とは?

重曹レモン水ダイエットを行う上で気を付けなければならないのは、一日に飲む量です。
炭酸水は飲んでわかる通り、刺激のある飲み物です。
飲み過ぎは消化器官へのダメージにつながる恐れがあるため、適度に飲むことが大切です。

また、あまり飲み過ぎると重曹に含まれる塩分の過剰摂取にもなってしまいます。
たくさん飲めばそれだけ効果が高まるというものでもないので、一日コップ2、3杯を目安に飲むと良いでしょう。


ガブガブ飲み過ぎないことだけ注意すれば、重曹レモン水ダイエットはとても手軽で良いダイエット方法です。
材料はどれもスーパーなどで手に入るものばかりですし、それほどお金も必要ありません。

ダイエットしたいけどあまりハードなものは嫌だという方は、一度試してみてはいかがでしょうか?