体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

エアコンつけっぱで起こるクーラー病がヤバイ。暑い夏を快適に過ごすリスクとは?

f:id:nariking1017:20150615150409g:plain
夏になると活躍するクーラー。熱い夏を快適に過ごすには必需品とも言えるほど当たり前になっています。

しかし、この便利なクーラーによる病気が近年問題視されていることをご存じでしょうか。そんな現代病のひとつである「クーラー病」の原因や対策について説明したいと思います。



通常、哺乳類である人間の身体というものは、暑さや寒さにある程度は対応できるように作られています。しかし、クーラーやエアコンなどが普及し、どんな季節でも快適な温度で過ごすことができるようになったことで、人間が本来持つ体温を調節する機能が弱くなっていると言われています。

自然の中で生活していれば、体が受ける気温の変化というものは、通常緩やかなものです。急激に熱いことろから急激に寒いところに瞬時に移動することもないため、人間の体もゆるやかに体温調節をおこなうことができます。しかし、夏の熱い気温の中から、クーラーの効いた涼しい部屋へ移動すると体は急激な体温調節をおこなうことが求められます。そういったことを何度も繰り返すことで、体温を調節している自律神経に負担がかかり体に異変をきたします。その結果として、頭痛や神経症、食欲不振や体のダルさ、不眠症や免疫力の低下などさまざまな症状が表れるのがクーラー病と呼ばれる現代病です。

それでは、クーラー病にならないためにはどうすれば良いのでしょうか。先ほどクーラー病の原因は体の急激な体温調節にあると説明しました。そのことから考えれば答えは簡単で、外気の温度と室内の温度の差をできるだけ小さくすることがクーラー病の予防につながります。
そのためクーラーの設定温度は、低くても25℃から28℃に留めておきましょう。外気との温度差を5℃以内に留めておくことが大切です。こうして自律神経が正常に機能する状態を保ちます。

しかし、勤務先や公共機関で温度設定が不可能という方もいるかと思います。そういった方におすすめなのがひざ掛けやカーディガンなどを羽織り、体をできるだけ冷やさないようにすることです。また、長時間イスなどに座り同じ体制でいると血行が悪くなりますので、たまに体を動かすことを心掛けましょう。夏は冷たい飲み物を摂りがちですが、クーラーの効いた寒い部屋では、温かい飲み物を摂りましょう。体を内側から温めることで、外気との温度差をできるだけなくすことができます。

また、男性に比べると、女性の方が筋肉の量が少ないため、体が冷えやすくクーラー病にかかりやすいとされていますので、より一層注意が必要です。