体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

筋肉痛の痛みを和らげる方法。筋肉をほぐしたりお風呂あがりのマッサージが効く理由

f:id:miopika:20150604185758j:plain
 運動をした次の日に襲って来る筋肉痛。
 ちょっと動いただけでも痛くなり、本当につらいですね。日ごろ運動をしている人でも、慣れないことをすると筋肉痛は襲い掛かります。何とかならないのだろうか…今回はそんな筋肉痛の回復方法をご紹介したいと思います。



 
 ちょっとびっくりですが、実は筋肉痛がなぜ起こってしまうのか、メカニズムははっきりとわかっていないそうです。よく言われているのは、運動することで乳酸が溜まり、筋肉が酸化してしまうことで固くなって炎症や痛みが生じてしまうということです。他にも運動によって筋肉に細かく亀裂が生じる、筋肉が分解される、筋肉がちぢむなど、説はさまざまです。

 しかしながら、痛みを和らげて出来るだけ早く回復する方法はありますから、是非実践してみてください。


 よく陸上部では激しい運動をした後、ゆっくり走るか歩きなさい。急にやめないでと言われますが、これは激しい運動後の、筋肉が疲れている状態をそのままにしておくと筋肉が固くなってしまうからです。

 固くなった状態だと、乳酸が上手く消化出来ずに身体に残ったままになります。こうなると、なかなか疲れが取れなかったり筋肉痛がさらにひどくなってしまいます。準備体操も、運動の前だけではなく終わりにもしませんか?
 これも、使った筋肉をほぐしうまく身体に溜まった乳酸を出すためにしていることなのです。

 ウォーキングをした後など、家で軽くストレッチをするなど、身体をほぐしてあげると、筋肉痛もだいぶ和らぎます。

 また、黒酢の摂取が良いとも言われています。黒酢には乳酸を分解する作用があり、疲れのもとを取ってくれるのです。他にも代謝を上げたり血の巡りを良くする効果もありますから、身体づくりにはとても強い味方になります。今は比較的飲みやすくされた黒酢もたくさんありますから、是非飲む習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

 お風呂でのマッサージも効果的です。お風呂で温まることで、血行も良くなり、血の巡りが良くなります。ここでマッサージをしてあげれば、乳酸を身体から出しやすくなります。さらに、温めることで筋肉もほぐれますから、疲れを取るには最適な環境です。気持ちもリラックスできますね。気持ちが緊張したままだと、身体も上手くほぐれないので、自分なりに気持ちを落ち着けることが出来る環境を準備しておくことも大切です。


 一生懸命に頑張るほど筋肉痛の痛みも酷くなりますね。辛くて普通に歩けないこともありますが、これも身体が鍛えられ、きちんと運動によって筋肉が使われたという証拠。痛みと上手く付き合いながら続けることで、ちょっと運動したぐらいでは筋肉痛にならなくなります。

 身体づくりにはタンパク質も良いと言われていますね。鶏肉や魚などを積極的に摂り、是非健康な身体を目指していただきたいなと思います。