読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

ランニングやジョギングの消費カロリー計算方法とは?走る距離と体重で消費カロリーを調べよう

f:id:nariking1017:20150622111028j:plain
ダイエット目的でランニングを始めよう!と考えている方はたくさんいるかと思います。
そんな方がまず気になるところは、ランニングやジョギングをおこなうことで、どれほどのカロリー消費が見込めるか、ということではないでしょうか。


ダイエットとは実は単純なことで、一日の摂取カロリーよりも消費カロリーが多ければ、当然ながら痩せることができます。
なんとなく走るよりも、自分が今おこなっているランニングやジョギングがどれほどの効果があるのかが分かっていたほうが、継続するためのモチベーションの維持にもつながります。

ランニングやジョギングの消費カロリーを計算するとなると、なんだか難しそうなイメージを待たれる方も多いかも知れませんが、基本的な計算方法はとても単純になっています。

自分の体重(kg)×走る距離(km)=消費カロリー(kcal)

これが基本的な計算方法になります。
つまり、体重70kgの男性が5kmの距離を走ると、70kg×5km=350kcalとなりますので、約350kcalの消費カロリーが見込めるということです。
350kcalというと、白ごはんで茶碗1杯強ほどのカロリーに匹敵します。
これを知っていて走るのと、知らないで走るのでは精神的にもかなり違うと言えるのではないでしょうか。

また、走るスピードと消費カロリーの関係についてですが、これはあまり考える必要はないと言われています。
消費カロリーとは、体内のエネルギーを使うことによって消費されるカロリーのことを指しますが、もともとエネルギーを消費するということは、速さではなくどれだけの距離を動いたかで決まります。

もちろんまったく関係がないという訳ではありませんし、腕の振り方や、足の上げ方、さまざまなことで消費カロリーの誤差はあります。
しかし、そこまで考えるとなると、さすがに個人で計算することは難しいと言えますので、先ほどの基本的な計算方法で考えるので充分でしょう。

走る距離に関してですが、大きな公園などで一周何kmとわかっていればいいのですが、そうでない場合はなかなか距離を知るのことも難しいことです。

しかし最近はスマートフォンで便利なアプリがたくさんあります。
ランニングやジョギングなどのサポートをおこなってくれる便利なアプリもたくさんありますので、移動距離を知りたいという方は、そちらを利用することをおすすめいたします。

また、万歩計も最近は高性能なモノが多くなってきていますのでこちらもおすすめです。