読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

果物が虫歯予防や貧血予防に役立つ理由とは?食後のデザートで健康になろう!

f:id:miopika:20150604140400p:plain
 果物は甘くてみずみずしくて、これからの夏の季節は特に食べたくなりますね。
 皆さんは日ごろから食べていますか?果物はビタミンが豊富でお肌に良いイメージがありますね。しかし、果物の効果はそれだけではありません。今回はリンゴとさくらんぼを例にあげて、身体に与えてくれる効果をお話していこうと思います。



リンゴ

 『リンゴを1日1個食べると医者を遠ざける』という言葉を聞いたことはあるでしょうか。そんな言葉が昔から言われるほど、リンゴの身体への効果は大きなものなのです。

 リンゴはあの歯ごたえが何とも言えません。シャキシャキとしてみずみずしく、食欲をそそられますね。あのシャキシャキとした歯ごたえは、実は虫歯予防にも繋がっているのです。リンゴをかじってよく噛むことで唾液の分泌が促進されて、歯についたバクテリアなどを雑菌してくれるため、虫歯になりにくくすることが出来ます。歯磨きも大切ですが、このようによく噛むことも虫歯予防に繋がるのです。

 その他にも動脈硬化など血管を詰まらせてしまうことで起こる病気を防いでくれ、血液をサラサラにする働きもあります。近年ではアルツハイマーの予防など、脳の老化にも効果があるということが判明しているのだとか。美味しくて健康にもなれ、まさに一石二鳥です。まとめて安く売っている時を狙って、是非食べる習慣をつけたいですね。

さくらんぼ

 お土産などでいただくこともあるのではないでしょうか。さくらんぼも甘くて美味しいですね。日本の食べ物だというイメージが強いですが、実はヨーロッパで古くから栽培されていたものだったそうです。一粒はさほど大きくはないですが、その中には栄養素がたくさん含まれていて、栄養素においてはヨーロッパのさくらんぼよりも日本で栽培されたものの方が豊富に含まれているようです。

 ビタミンをはじめ、葉酸やカリウム、パントテン酸。どれも身体づくりに欠かせない栄養素です。血の巡りを良くしてくれ、疲労感を感じている人や貧血気味の場合に効果を期待できそうです。
 さくらんぼの旬は、だいたい6~7月ごろでしょうか。あまり習慣的に食べるものではないと思いますが、もし安く売っていた時やもらった時には積極的に食べましょう!

 私自身、果物=ビタミンというイメージしかもっていなかったため、まさか身体にここまで効果を与えてくれるとは思ってもいませんでした。気づかないうちに食べ物は私たちに大きな効果をもたらしてくれているのですね。まだまだ知らないことは多そうです。

 夏になると、暑さから食欲が落ち気味になってしまいますが、フルーツなら意外と食べることが出来る場合が多いですね。栄養補給としても抜群な効果がある果物。是非皆さんも食べてみましょう。ただ、人によっては食べ過ぎることでお腹が緩くなることもありますので、ほどほどの量にしておきましょう。