体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

健康に優しい油「オリーブオイル」の驚きの健康効果とは?身体に潤いを与える健康油の底力

f:id:miopika:20150603134200j:plain
 健康やダイエットを考えた時に、脂っこいものは良くないからと、なるべく摂らないようにしますね。血液がドロドロになる原因ですし、動脈硬化など病気に繋がってしまうことが多いからです。
 しかし、そんな中で身体に良いと言われている油があることを皆さんは知っていますか?



オリーブオイル

 大抵の油が抽出される過程で過熱をされているのに対し、オリーブオイルは抽出される際に加熱はされません。オリーブがそのまま油になるのです。ようは『生』であり、フレッシュだということです。
 また、オリーブオイルにはオレイン酸というものが多く含まれています。オレイン酸は保湿力が高く、食用以外にも髪の毛や肌などの健康維持のために塗り込むなどさまざまな方法で広く使われてきました。オレイン酸は、人の身体に潤いを与えてくれるとても重要なものなのです。

 オレイン酸をたくさん含んだオリーブ油は潤いの他にも身体に働きかけてくれる効果がいろいろあります。コレステロールを下げてくれることで血をサラサラに保て、血管が詰まることで引き起こされる病気を予防してくれ、腸を刺激し便秘解消にもいいとのこと。そして、先ほどもお話したように潤いを与えてくれるので、髪の毛も綺麗で質の良いものになります。オリーブオイルを日常的に摂取している国の女性は、白髪が少ないという研究結果もあるそうです。

 これほどの効果があるのなら、是非食事に使ってみたいですね。では、どのようなオリーブオイルを選べばいいのでしょうか。種類もいろいろありますし、どれを買えばいいのか悩む人もいるのではないでしょうか。せっかくならば出来るだけ良質のものを選びたいですね。お店に並んでいるさまざまなオリーブオイルの中から良質のものを選ぶポイントを押さえておきましょう。

 まずは容器に注目しましょう。オリーブオイルは熱に弱いため、なるべく直射日光などが当たらない涼しい場所で保管するのが望ましいです。熱が入るのを防ぐために、暗い色のボトルを選びましょう。薄い緑や透明の方が量を確認しやすく、おしゃれに感じたりもしますが、質を大切にする場合は避ける方が良いようです。

 品質表示のラベルにも目を向けてみましょう。アメリカでは、州ごとにそれぞれ厳しく品質管理されているものには、その証明としてラベルが貼ってあることが多いです。ブレンドされたオリーブオイルもありますので、それを確認することでどのようなオリーブオイルなのかが判断できます。

 オリーブオイルとして売られていても、実際はほとんどがサラダ油だったりとインチキ商品は結構出回っているそうです。あまり安さだけにこだわると、オリーブオイルの効果を感じないどころか、結果的に損をしてしまうことにもなりかねません。品質管がしっかりと行われているものを選ぶようにしましょう。