体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

女性の便秘解消・便秘予防は腹筋が重要。筋力不足がお通じの不調を引き起こす理由

f:id:nariking1017:20150603022049j:plain
便通は、本来毎日あることが健康な状態だとされています。
しかし、中には毎日のお通じが良くないと便秘に悩んでいる方も少なくはないのではないでしょうか。



便秘の原因というものは人によって様々なものがあります。
大腸の運動が鈍くなり、それが原因で便が大腸の中に長く留まり、過剰に摂取された水分で便が硬くなることを弛緩性便秘と言います。これは、主に食物繊維の不足や、水分不足、運動不足や無理なダイエットなどが原因とされています。

大腸の過緊張の興奮によって、上手く便が運ばれないことをけいれん性便秘と言います。けいれん性便秘は、コロコロした小動物のような便が特徴で、環境の変化やストレスなど、精神的な原因で起こります。

便が直腸に達しても、排便反応が怒らずに、長く直腸に留まってしまうことを直腸性便秘と言います。こういった直腸性便秘は、排便を我慢するクセがついている人や痔の人、高齢者に多いとされています。

現在、このような便秘は、男性に比べ、女性の方が圧倒的に多くなっています。その理由も様々なものがありますが、男性に比べて女性は腹筋の力が弱く、便を送り出す力が弱いことや、無理なダイエット、排泄の我慢などがその原因だと言われています。
加齢と共に筋力も低下しますから、現在、エクササイズなどトレーニングを行っていない方は将来便秘になる可能性が高くなります。

また、黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンが水分や塩分を体の中に溜め込む性質を持っており、便の過度な水分吸収で便が硬くなるといった原因もあるそうです。

それでは、こういった便秘を解消するにはどのようなことをおこなえば良いのでしょうか。
運動不足や筋力が原因で便秘を引き起こしている場合は、単純なことですが腹筋を鍛えることが便秘解消への近道だと言えます。だからといってスポーツ選手のように一生懸命がむしゃらに腹筋を鍛える必要はありません。寝る前に無理のない程度で、腹筋運動やお腹のマッサージをするだけで良いでしょう。
もちろん、スポーツジムに通ってトレーニングをしている人は問題ありません。

次に考えられる便秘解消法は、やはり食生活の改善です。食物繊維は言うまでもなく、便秘改善にはかかせないモノです。食物繊維には便を絡めとり排便の手助けをしてくれる不溶性食物繊維と便に適度な水分を保ち、便が硬くなるのを防いでくれる水溶性食物繊維の二種類があります。
不溶性食物繊維を多く含んだ食材は、納豆に大豆、ゴマなど、水溶性食物繊維を多く含んだ食材はごぼうやにんにく、おくらなどが挙げられます。両方とも便秘解消の力になってくれますので、できるだけたくさんの食物繊維をバランス良く摂る食生活を心がけることが必要です。