体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

50代から骨粗しょう症を予防しよう。牛乳のカルシウムで寝たきりを防ぐ強い骨を作ろう

f:id:moguhausu2:20150625145415j:plain
骨粗しょう症とは、骨の中の密度がスカスカになることで骨がもろくなり骨折しやすくなる病気です。
骨粗しょう症を引き起こす原因としては、加齢などの、努力や生活環境の改善ではどうにもならないものと、喫煙や過度な飲酒、運動習慣や食生活など、努力や生活環境の改善をおこなえる二つの原因に分かれています。


骨は毎日、古い骨を壊し、新しい骨をつくって生まれ変わっています。
壊された骨の部分を新しく作る骨で補うことができなくなると骨粗しょう症になってしまいます。

骨粗しょう症は、男性よりも女性に圧倒的に多い病気になっており、50歳代から急激に骨量が減少、60歳以上になると、50%を超える多くの女性が骨粗しょう症になっていると言われているほどです。その原因としては、女性ホルモンが骨の新陳代謝に関わっているとされています。また、遺伝や体質も骨粗しょう症の原因として関わってきているそうです。

年配の方の骨粗しょう症の一番怖いところは、それまで元気だったのに、一度骨折をしてしまったことで寝たきりになってしまうことにつながるということです。

その証拠に、寝たきりで介護が必要になったかたの約10%は骨折や転倒が原因とされています。また、骨粗しょう症の状態で骨折をすると、再度骨折をする危険が多いとも言われていますので、骨がスカスカだということは、一度の骨折につながるから危険という訳でなく、長期的な危険を抱えて生活をすることを余儀なくされるということだと言えるでしょう。

最近では、50歳以上の女性だけでなく、若い女性でも骨粗しょう症になっている方が増えてきており、食生活や飲酒、喫煙、無理なダイエットがその原因とされています。ただし、若い方はその原因のほとんどが努力や生活環境の改善をおこなえるものになりますので、日常生活を変えることで改善できる可能性があります。

また、年配の方でも日常生活に気を使うことで、骨粗しょう症の予防のひとつになりますので、日常生活から気を付けておくことはとても大事なことだと言えます。

骨粗しょう症の予防で重要だと言われているのはやはり食生活です。
特に骨を強くすることにつながるカルシウムの摂取ですが、カルシウムだけでなくビタミンDやビタミンK、タンパク質やミネラルなど様々な栄養素も骨の形成に関わっています。

カルシウムの多い牛乳やヨーグルト、ビタミンDの豊富な魚介類、ビタミンKの豊富な納豆や緑色の野菜を普段の食生活に加えていくといいでしょう。

骨粗しょう症の予防に最も有効なのは、毎日牛乳を飲むことです。
そこでオススメなのが明治のミルクでしっかりカラダにチカラ!牛乳配達サービスです。

明治の牛乳配達サービスは、牛乳の大手メーカーである明治が開発した「ミルクでしっかりカラダにチカラ」というカルシウムを豊富に取れる牛乳を毎朝、自宅にチルド配送してくれるサービスです。
ミルクでしっかりカラダにチカラを毎朝飲めば、筋肉、骨の成長に必要なカルシウムとたんぱく質をしっかりカバー出来るので、骨粗しょう症の予防に最適です。定期配達なので牛乳の買い忘れもありません。

「ミルクでしっかりカラダにチカラ」は配達サービス専門の商品で、このサービスでしか飲めない特別な牛乳です。大手メーカーの明治が開発した牛乳ですから、飲みやすくて味も美味しく、手間なく骨を丈夫に出来るおすすめのサービスです。

申し込みは公式ページから可能です。
ミルクでしっかりカラダにチカラ!牛乳配達サービス 公式ページ



もちろん、カルシウムの吸収を妨げる喫煙や、カルシウムを尿で排出してしまうお酒を控えることは大事です。
さらには、無理な運動ではなく、ウォーキングなどの無理なく続けることができる運動も効果的だとされています。

骨は年齢を重ねると重要になってくる部位ですから、元気なうちにしっかり鍛えておきましょう!