読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

健康的に痩せたいなら和食を食べよう!一汁三菜の栄養バランスが健康に良い理由

f:id:shotaumehara:20150624234150j:plain

こんにちは。管理栄養士の梅原祥太です。

無形文化遺産にもなった「和食」ですが、この和食には人間の健康にとって様々な良い効果をもたらします。
今回はそんな健康に良い和食について、お話しいたします。


様々な栄養素が摂りやすい

和食は理想の食事である「一汁三菜」を実現しやすく、人間の健康に必要な栄養素を摂りやすいことが最大のメリットです。

主菜は「魚・肉・卵・豆・豆製品」などのタンパク源から構成することが基本。
副菜は「野菜・きのこ類・種実類・海藻類」などのビタミンやミネラルなどの摂取ができるもので構成することが望ましく、和食はこれらを揃えやすいことが特徴の一つです。

理想的な食事として「まごわやさしい」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

これは

ま→豆類
ご→ごま(種実類)
わ→わかめ(海藻類)
や→野菜類
さ→魚
し→しいたけ(きのこ類)
い→芋類

これらのことを指しており、一日の食事で上記の食材を摂ることが、必要とされている栄養素を摂取することに繋がるのです。

健康な食事にはN/Cレートを意識する

栄養に関わる方などは聞いたことがあるであろう、この「N/Cレート」ですが、詳しく知らないという方は多いかもしれません。

三大栄養素と呼ばれる「炭水化物、タンパク質、脂質」ですが、これらはそれぞれ1gにつき順番に「4kcal、9kcal、4kcal」のエネルギーを持っています。
これに、カロリーのない「ビタミン」「ミネラル」を加えたものが五大栄養素と呼ばれるものです。


N/Cレートは、食品の総エネルギーに対して、ビタミンやミネラルがどのくらい含まれているのかを示した比率のことになります。
ビタミンやミネラルは三大栄養素の代謝を促進させる働きや、自身も身体をつくる栄養素として働きます。

同じカロリーを摂っているのに、摂取している食事の違いで太る身体にも痩せる身体にも、健康にも不健康にもなるのです。

このN/Cレートが高い食材を選ぶことが、健康になるための食事と言えます。

上記の「まごわやさしい」は、高N/Cレートな食材が多く、和食を推奨する理由の最大のポイントでもあります。
忙しい現代人が増加するのに伴い、世の中にはファストフードや加工食品など、安価で簡単に食べられるものが増加の一途を辿っています。

加工食品などは質の悪い糖質や脂質が主であるため、身体を蝕みどんどん不健康への道へと突き進んでしまいます。

このような観点から、和食は健康な身体をつくるための最上の食事であると考えられます。

ただし、和食の注意点として、糖質と塩分を多く摂ってしまう傾向があります。
塩分の面では、だしや香りなどを用いることで薄味でも美味しく食べることが可能であり、糖質は食材の選び方はもちろん、和食は砂糖を用いる場面が多いのです。
砂糖の代わりにみりんを用いてみることも糖質への対応の一つとして挙げられます。

これらの点に配慮し、和食を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

「まごわやさしい」を意識した和食を選び、心身ともにいつまでも健康でありたいですね。

著者:管理栄養士 梅原祥太