読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

めまいや立ちくらみの原因と危険性。病気のサインである可能性もあるから要注意!

f:id:nariking1017:20150603020120j:plain
ほとんどの方がめまいや立ちくらみを一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
めまいと一言で言ってもその原因にはさまざまなものがあります。

私たちの体は、平衡感覚、つまりバランスを保つ機能が元々備わっており、その主な器官のひとつが耳の中にある三半規管です。その三半規管に異常がある場合や、脳に異常がある場合、血圧の急激な変動、さらには精神的なストレスや不安などもめまいの原因のひとつとされています。


また、めまいはいくつかの種類に分けることができ、主な症状は、自分自身や自分の周囲がくるくると回転しているように感じる回転性めまい、体がフワフワとした感じがして、上手く歩くことができなくなる浮動性めまい、立ち上がる時にクラッとして意識を失うこともある立ちくらみのみっつです。

回転性のめまいは、同時に耳がつまった感じがしたり、聞こえにくくなったり、耳鳴りがしたりする場合が多く、耳の異常が原因で起こっているものがほとんどです。耳の中にある耳石と呼ばれるものが剥がれ、三半規管に侵入することで起こる「良性発作性頭位めまい症」や内耳の中の液体が増えすぎて起こる「メニール病」、風邪などのウイルス感染によって耳の中が炎症を起こしてしまう「前庭神経炎」などがそれにあたります。ただし、脳出血や脳梗塞などの重い病気の場合も回転性めまいが起こることがあるため注意が必要です。

浮動性のめまいは、ほとんどが脳の異常が原因で起こっており、痺れやマヒなどの神経系の症状を伴います。脳に充分な血液が送られずに起こる「脳梗塞」や「脳出血」、脳に腫瘍ができる「脳腫瘍」などの病気が引き起こしている可能性が高いとされています。

立ちくらみの場合は、頭が低い位置にある状態から急に立ち上がることで、脳に送られる血液が不安定になり起こる、「起立性低血圧症」や「高血圧」「貧血」、そのほかにも不安やストレスなどの精神的な原因もその要因のひとつです。

めまいが継続的に起こる場合や頻繁に起こる場合は、やはり自分で判断するのではなく、一度病院に行って診断されるのが良いでしょう。現在は症状に応じて様々な治療がおこなわれていますが、お薬による治療で治ることもあれば手術をおこなわなければならないこともあります。また、「良性発作性頭位めまい症」が原因の場合は、お医者さんの言われたとおりに頭を動かすと、三半規管内の耳石が元にあった場所に戻り、めまいが治ることがほとんどです。