体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

日本人の50%以上が感染!慢性胃炎や胃潰瘍の原因とされるピロリ菌とは?

f:id:nariking1017:20150603015547j:plain
昔から胃の中は酸性のため、細菌は住むことができないと言われ続けてきました。
しかし、1983年に胃の中に住みつき、胃の壁を傷つける細菌の存在があきらかになりました。それがピロリ菌いう細菌です。


ピロリ菌は慢性胃炎や胃潰瘍の原因そのものとされており、ピロリ菌が胃の中にいることで、胃ガンになる確率がピロリ菌がいない人に比べて約20倍高くなっており、さらには様々な胃の病気にかかりやすくなったりと、良いことはひとつもありません。

それではピロリ菌は、どのようにして私たちの体の中に入ってくるのでしょうか。

ピロリ菌は、食べ物や飲み物から私たちの体の中に入ってきます。特に衛生環境の悪いところで、ピロリ菌は繁殖しやすいとされています。
現在、世界中でこのピロリ菌に感染している人が沢山見つかっていますが、発展途上国では感染率が高く、先進国では感染率が低いとされています。

日本では、約50%以上の人がこのピロリ菌に感染していると言われています。特に戦後の衛生状態が良くなかった環境で育ってきた、中高年の方の感染率は70%以上と高い数値を示しています。

それでは、日本人の約50%以上の人が胃がんをはじめ様々な病気にかかってしまうのか、というと決してそういう訳ではなく、実際に病気を発生するのは、そのうちの約5%ほどだと言われています。

ただし、慢性胃炎や胃潰瘍の原因であることは確実とされていますし、胃がんになる方の約80%はピロリ菌保有者という事実もありますので、ピロリ菌が見つかった場合、きちんと除去することが望ましいとされています。

日本では、現在、抗生物質や薬を使ってピロリ菌を除去する方法がおこなわれています。
ただし、ピロリ菌の除去そのものには健康保険が適用されないため注意が必要です。つまり、特定の胃の病気が発生しており、なおかつその状態でピロリ菌が感染していた場合のみ、健康保険を適用してピロリ菌の除去をおこなえるということになります。

ただし、最近ではピロリ菌は乳酸菌の出す乳酸にも弱いということがわかっています。
乳酸菌には、ビフィズス菌やクレモリス菌など様々な種類がありますが、特にLG21と呼ばれる乳酸菌の出す乳酸が、ピロリ菌には効果的だということがわかっています。

また、乳酸菌は、ピロリ菌を死滅させるだけではなく、胃の中の環境を改善し、ピロリ菌の住める場所を奪っていく効果もあるとされていますのでLG21の入ったヨーグルトや牛乳などを日常生活に取り入れていくとこは、大変おすすめです。

定期購入するのであれば、毎日、家に宅配してくれる明治の牛乳宅配サービスがおすすめです。



明治の牛乳宅配サービスは毎朝チルド配送(冷蔵配送)してくれるので、スーパーでいちいち買う必要なく家にいながら毎日牛乳を飲むことが出来ます。
明治の「ミルクでしっかりカラダのチカラ」は非売品ですから、このサービスでしか手に入らない健康牛乳です。

胃腸の環境改善に効果がありますので、ぜひ試してみてください。