読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

メタボよりも危ないサルコペニア肥満とは?

f:id:nariking1017:20150603014625j:plain
最近話題になっているサルコペニア肥満というものをご存知でしょうか。
サルコペニア肥満とは、通常のメタボリックシンドロームのように内蔵脂肪が増加するだけでなく、加齢や無理なダイエットによる筋肉の減少も同時に起こっている状態を指します。


サルコペニア肥満の恐ろしいところは、通常のメタボリックシンドローム以上に高血圧や糖尿病などの生活習慣病にかかりやすく、筋力の低下からくる歩行能力などの運動能力低下によって寝たきりや要介護の生活になる可能性が高いということです。

サルコペニア肥満は内臓脂肪肥満型のメタボリックシンドロームと同じように、見た目はあまり肥満体型ではないのに、実は、ということが多いのも特徴です。特にサルコペニア肥満は、高齢者の方に多くなってきており、60代から増えてきているとされています。70代になると約3割の方がサルコペニア肥満に該当していると言われており、特に男性よりも女性に多く見られています。
また、高齢者だけではなく若者の間でもサルコペニア肥満の予備軍が増えてきているようです。運動不足や過度なダイエットによる筋力の低下がその原因とみられています。

サルコペニア肥満の予防としては、やはり筋肉を付け脂肪を落とすということに尽きます。特に寝たきりや要介護の生活にならないための予防としては、下半身の筋肉を付けることが重要で、ベッドやイス、布団などから立ち上がる際に使う太ももの筋肉やふくらはぎの筋肉が重要です。毎日ランニングやウォーキングを習慣でおこなうのももちろんいいのですが、なかには時間がない方や、長時間のランニングやウォーキングができないという方もいるでしょう。そういった方におすすめなのが、毎日短時間のスクワットとストレッチです。筋肉の収縮運動をおこなうスクワットと筋肉を緩和するストレッチを毎日約10分ほどおこなうだけで、基礎代謝量も増え、筋肉をつけることが可能です。

また、食生活でも筋肉の元となるタンパク質を摂ることが大事です。卵や牛乳、肉や魚、大豆、納豆などをバランス良く摂るように心掛け、野菜や果物だけなどの無理なダイエットはやめておきましょう。

片足を上げて靴下をはけないようであれば、下半身の筋力低下が疑われます。ぜひ一度おこなってみてください。将来、生活習慣病や寝たきり、要介護の生活にならないためにも、今から少しずつ下半身の筋力強化をおこなってみてはいかがでしょうか。