体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

風邪を引きにくい丈夫な身体を作る方法。風邪の予防に最適な食品とは?

f:id:nariking1017:20150603022858j:plain
風邪の原因のほとんどはウイルス感染によるものだとされていますが、風邪をひきやすい人や一度風邪をひくと長引いてしまうという人は、ビタミンやミネラルなどの栄養素の不足が原因だと言われています。

特に現代人は慢性的なビタミン、ミネラル不足の人が多くなってきており、その原因は喫煙や飲酒、合成保存料の使用や野菜や果物自体の栄養不足などが挙げられます。



風邪を予防する食べ物とは

風邪をひくと発熱やセキ、鼻づまり、のどの痛みなどの辛い症状がはじまり、体力も低下してしまいます。そんな辛い風邪の予防にはやはり食べ物による栄養素の摂取が一番です。そこで、風邪の予防に最適な食べ物をいくつか紹介したいと思います。

納豆

まずは、納豆。
納豆には毛細血管の血流を良くしたり、血管の健康を保つビタミンEなどのビタミン類が豊富に含まれています。また、風邪によって低下してしまった体力を回復するための良質なタンパク質も多く含まれているため納豆はおすすめです。

ネギ

昔から風邪の時は焼いたネギを首に巻くと良いなどと言われていますが、ネギも風邪の予防には最適な食べ物のひとつです。ネギに含まれる硫化アリルという辛味成分には、抗菌殺菌作用があり、発汗をうながし体を温める作用もあるため、風邪の予防や風邪をひいた時にたくさん摂ると良いでしょう。

みかん、ゆず等の柑橘類

ビタミン不足には、やはりビタミンを多く含む柑橘類もかかせません。
その中でもみかんにはビタミンCやビタミンE、ビタミンAとなるカロチンなどが多く含まれています。ゆずもビタミンCが多く含まれている果物のひとつで、ビタミンCにはウイルスの抵抗を高める作用がありますので、風邪の予防にはまさにぴったりの食べ物と言えます。

その他の食材

果物以外では小松菜やサヤエンドウもビタミンCを豊富に含む食材のひとつです。
また、あんずは数多くある果物の中でも、カロチンの保有量が最も多いため、風邪の予防には最適な果物です。
ビタミンAが欠乏すると、免疫力の低下を招いてしまいますので、ビタミンAとなるカロチンを多く含む食品は風邪の予防には欠かせないと言えるでしょう。
ビタミンAが多く含まれている食材は、他にはニラなどもあり、ニラは体を温める効果や睡眠を誘う効果もあります。

忙しい現代人が丈夫な身体を作るためには

このような食材を常日頃から摂り続けることで風邪の予防に繋がります。
外から帰ってきた時のうがいや手洗いはもちろんですが、風邪のウイルスに抵抗できる丈夫な身体を作ることも、風邪の予防としては大切なことのひとつです。

また、現代人は子供も大人も野菜不足が目立ちます。野菜はビタミン類を豊富に含んでおり、健康な体作りにはかかせない食材です。
しかし、特に社会人は自炊する時間も少なく、どうしても外食が多くなるので風邪に弱い傾向があります。

そこで、風邪を引きにくい身体を作るためにも、サプリや青汁などの健康食品で栄養をカバーすると良いでしょう。

夜寝る前に青汁を飲むことを習慣化すると、1日の栄養バランスがぐっと良くなり免疫力が強くなります。
青汁はスーパーや薬局で買えますが、どうしても市販品は苦味が強く飲みにくいです。青汁を含む健康食品は専門のメーカーの方が質がよく飲みやすいので、青汁の中で一番飲みやすい「やずやの青汁」を推薦します。


やずやの青汁1杯で、上記で紹介した胃腸を強くする野菜「オクラ」3本ぶんのビタミンが採れたり、その他の免疫力の向上に役立つ必須ビタミン類をバランスよくとることが出来ます。ハーフサイズなら月額3000円とお手頃価格で毎月青汁を飲むことが出来るので、運動などが続かない人でも手軽に健康管理が出来ます。

青汁の定期購入でハーフサイズがあるのは珍しく、やずやは「量は少なめでいいから毎日飲みたい」「毎日ではなく、週末だけ飲みたい」というニーズにもしっかり答えてくれます。

青汁は健康で丈夫な身体を作る一番手軽な方法なので、ぜひ始めてみてください。

青汁が苦手な人はサプリメントを使おう

青汁がどうしても苦手、サプリメントの方が良いという方にオススメなのは、小林製薬の野菜と酵素です。

小林製薬の『野菜と酵素』



小林製薬の『野菜と酵素』は野菜に含まれる酵素やミネラルだけでなく、胃腸の働きを整えるグルコン酸を多く含んでいるサプリメントです。風邪の予防のみならず、毎日の活力を得られるような栄養構成になっており、仕事や家事、休日のレジャーなどをより一層パワフルにこなせるようになります。

タブレットタイプのサプリメントなので、1日の終わりに飲むだけで栄養バランスを向上させることが出来ます。

外食続きで野菜不足になりがちな人は、3日に1回のペースでも良いので飲み続けてみましょう。
上記で紹介した健康食品は栄養バランスを整えるのにとても役立ちますが、長く続けることが重要です。1ヶ月でやめてしまっては、せっかくの健康食品も効果が満足に発揮できません。

ぜひ、自分の身体に長期的に投資をしてみてください。
病気にかかりにくい丈夫な身体を作って、毎日健康に過ごしましょう。