体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

痛み止めを使わないで生理痛を和らげる方法

f:id:miopika:20150602175438j:plain
 毎月女性にくる生理。生理前になるとやたら浮腫んだり、気分が落ち込んだり仕事に集中できなかったりと、ちょっと厄介な期間ですね。人によって痛みはさまざまですが、酷い人は動けなくなるくらい痛くなったりします。

 この痛み、どうにかしたいものです。
 今回は生理痛の原因と痛み止めを使わないで生理痛を和らげる方法を教えます。


 どうやらこの痛みの大半は骨盤のゆがみや冷えからきているのだとか。ということは、これらさえなんとかすれば、あの辛い痛みから解放されるということですね。

 臍の下あたりを温める人は割と多いと思いますが、そこだけではなく、お尻の割れ目の上あたりの『仙骨』というところも温めてあげると良いそうです。仙骨を温めることで、身体全体も温まりやすくなり、痛みが和らぐようです。また、温めながら軽くマッサージするのも効果的だそうです。いずれにしても、身体の血行を良くすることが痛みを和らげる秘訣なのですね。

 そして、医療関係者によると、運動している女性は運動していない女性に比べて生理痛が重くないそうです。散歩だけでも、ずいぶん効果は違ってくるそうです。歩けないほど酷い時でなければ、気分転換の意味でもちょっとブラブラ散歩してみるのもいいかもしれませんね。

 生理痛でお腹が痛い時、お腹をのばしたり、ストレッチしたくなりませんか?このお腹への刺激も良いそうです。これらによってお腹やその周りの血行が良くなり、痛みが和ぎます。

 仕事などで座っている時間が長い人は、骨盤が曲がり気味になっている人が多く、その骨盤のゆがみが生理痛を引き起こしていることもあります。腰を回してみたりしながら、腰回りをほぐしてあげることで痛みはだいぶ軽減されそうです。

 生理痛の痛み止めもありますが、出来れば薬なしで何とかしたいですね。食べ物で生理痛に効くと言われているものがありますので、いくつかご紹介したいと思います。

 グレープフルーツは、成分として含まれているクエン酸が血行を良くする働きがあり、生理痛を和らげてくれるようです。まとめて安く買えた時などは積極的に食べると良いかもしれませんね。魚やアーモンドも効果を期待できるそうです。

 逆に、身体を冷やし、生理痛にあまり良くないものもあります。生理前は無性に甘いものを食べたくなる人も多いと思いますが、チョコレートやアイスクリームはなるべく控えるようにしましょう。

 毎月のことですから、生理痛が酷い人は本当につらいですよね。もうすぐきそうだなと思った時には、ホッカイロや温めるものを持ち歩くようにして、なるべく痛みを軽減する工夫をしてみましょう。温かい飲み物を飲むだけでも身体が温まってだいぶ変わってきますし、普段からシャワーではなくお風呂に浸かるようにして身体の血行を良くする習慣をつけておくことも良い方法だと思います。少しでも快適になるよう、自分なりに対策を立ててみてください。