読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

びっくり病という全身が硬直する病気を知っていますか?

f:id:miopika:20150602131857g:plain
 世の中には珍しい病気がたくさん存在しています。
 普段の生活で突然何かが起こった時には、皆さんびっくりすると思います。これは普通の感覚ですが、人並み以上に、過剰にびっくりしてしまう人は、もしかしたら病気かもしれないのです。

 びっくりすることが病気だなんて、ちょっと意外ですが、今回は、この『びっくり病』についてお話していこうと思います。


 この名前の通り、びっくりする病気なのですが、誰かに少し肩を叩かれた時、皆さんはどのように反応しますか?一般的には誰かが呼んでるなと思い、『はい?』と振り向くと思いますが、びっくり病の場合は、過剰に反応し、飛び上がってしまうくらい驚いてしまうそうなのです。

 人によって驚きやすい人がいますし、普通ならば友人としていじったり『驚きすぎだよ』と笑って済みそうですが、当の本人はとても辛い思いをしているのです。症状が酷い場合には1メートルも飛び上がってしまったり、その場に座り込んで動けなくなってしまったり、驚くあまりに全身が硬直してしまい、そのまま倒れてしまうこともあるそうです。

 倒れることが度々あると、体中傷だらけになってしまいますし、頭など打ち所が悪くて命を落としてしまう人もいて、病名はギャグのようですが、実際はとても危険な病気なのです。

 この症例は、アメリカのごく一部でしか確認されていないそうですが、どうやら遺伝子に問題があるようです。そのために神経の伝達にも影響が出てしまい、過剰なびっくりとなってしまうようです。

 『遺伝子に異常があるなら治らないの?』と心配になるかもしれませんが、薬によって治療は可能なようですので、もし誰かに『びっくりしすぎじゃない?』と言われることが多かったり、自分でも過剰だと思うほど驚くことがあるなと思う人は、一度医師に相談してみるのもいいかもしれませんね。

 ストレスなど気持ちや体のちょっとした変化で症状も酷くなってしまうようです。それによって倒れることが多くなったり、びっくりして止まった場所が道路の真ん中だったら命も危険です。症状が悪化して一番つらいのは本人です。なんとなくおかしいと感じている人は早めに病院へ行ってみましょう。

 人も性格もそれぞれですから、なかなか病気なのではないかと考えることは少ないと思います。もし幼い頃から習慣的に出ている症状だったら、『こういうもの』と思いこみ、それが普通なのだと思うこともあります。

 もしそこまで危険がないのならばそのままでもいいかもしれませんが、少しでもけがの可能性や身体に危険が及ぶ可能性があると思った時には、やはりそのままでは良くないのではないかと思います。どうしても『ただの性格的な問題』『普通のこと』という診断だったらと思い、なかなか病院へ足が向かないと思いますが、決して恥ずかしがることではありません。

 わからないから病院へ行き、原因が知りたいから医師に相談するのです。変に笑う医師もいますが、大切なのは自分自身です。自分のために行動していきましょう。