体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

胃に優しい食べ物って?胃酸過多を治す消化に良い食べ物を紹介

f:id:moguhausu2:20160720131656j:plain
「何だか胃が痛い」
「お腹が気持ち悪い」
「空腹になると吐き気がする」

そんな症状に苦しんでいる人は多いですね。
胃が不調だと気分が滅入りますし、外出時も吐き気や胃痛が気になって楽しめないものです。

胃の不調の原因として多いのが、胃酸過多・消化不良です。

胃酸過多は、その名の通り胃酸が出すぎてしまい、胃の粘膜を傷つけて胃痛・吐き気を引き起こす健康障害です。

消化不良は、逆に胃酸が出ず、いつまでも胃に食べ物が残ってしまうので胃に負担がかかり、胃痛や胃もたれ、吐き気を引き起こす健康障害です。

どちらも原因は『胃腸(消化器官)の異常』であり、慢性化すると慢性胃腸炎となり胃痛や吐き気が癖になってしまいます。

また、お酒を飲みすぎても胃酸過多は起こります。
お酒をものすごく飲んだ後と言うのは、胃が気持ちの悪いものですよね。

二日酔いになって胃が気持ち悪いのはなぜかというと、アルコールは胃酸の分泌を促し、胃酸過多の状態を引き起こすからです。胃酸過多で発生する塩酸が吐き気や食欲不振、下痢といった症状につながります。

胃酸過多になると胃痛・吐き気を引き起こすので、食欲不振に陥りますが、だからといってずっと食事をしないわけにはいきません。

傷ついた胃を修復するには、タンパク質を取らないといけませんから、タンパク質を多く含んでなおかつ消化に良い「胃に優しい食べ物」を取ることが大事です。

今回は、胃酸過多で胃が気持ち悪いときでも食べられる、胃にやさしい食事をご紹介します。



胃に優しい食べ物とは?

胃にやさしい食事というのは何かと言うと、消化が良い食べ物であるということです。
この消化が良い食事には、次の通り3つの条件があります。

・胃にとどまる時間が短い
・胃を荒らさない
・食物繊維が少ない

というものです。

では具体的にはどういう食事がいいのかというと、炭水化物ではおかゆや、やらかく炊いたご飯、食パンの白い部分、うどんなどがよいです。

タンパク質は一番の簡単なのは、お豆腐です。

それも冷奴のように冷たいものではなく、温かいものを食べるようにしましょう。
豆腐は消化がよく、タンパク質たっぷりなので胃の粘膜修復にもバッチリです。

具合が悪いからといって、適当な食事をしないで、きちんと栄養価というものを考えるようにしましょう。
少なくともエネルギー源となる炭水化物とタンパク質は意識して摂取したほうが良いです。

野菜や果物に関しては、できるだけ煮込んでクタクタにしたものにしましょう。
葉物でも、根菜でも、生ですと消化が悪く、弱った胃腸には良くありません。

あと、果物に関しては柑橘類は避けてください。

それは柑橘類は胃を刺激してしまうので、胃酸が出過ぎて締まって、結局胃を痛めることになります。ですから、バナナを少量食べる程度にしておきましょう。

胃の具合が悪い時は、お菓子は厳禁ですが、それでも口元が寂しいということであるのであれば、赤ちゃんの頃のおやつをイメージするといいです。つまり、カステラ、ポーロ、ビスケットなどです。

飲み物は、水とお白湯、スポーツドリンク。それでもスポーツドリンクも飲み方を気にしてください。

きんきんに冷たくしているスポーツドリンクはだめ!冷えてない状態のスポーツドリンクを時間をかけて飲むようにして、胃に刺激を与えないようにしましょう。

具合が悪くて、作るのは無理ということであれば、近所にコンビニがあるのであれば、コンビニで済ますこともできますよ。

例えばおでんはお腹に優しいですから、特にダイコンやはんぺん、ゆでたまごはOKです。それ以外にはお弁当コーナーにはおかゆや雑炊、レトルトのおかゆも売っているので、それを食べても良いと思います。

胃が悪い時に食べないほうがいい食べ物

逆にこれは食べちゃダメというのは、

・脂っこいもの
・甘いもの
・冷たいもの
・果物
・食物繊維の多いもの
・刺激物(辛いもの、酸っぱいものもダメです)
・アルコール
・コーヒー
・炭酸飲料
・ジャンクフード
・カップラーメン

等です。こちらはリストアップしましたが、とても胃にやさしいとは思えないですよね。二日酔いなどで胃の調子が悪い時にさすがに手は出さないと思いますが、一応書いておきます。

野菜不足解消で胃酸過多を抑えることが出来る

胃酸過多になりやすい、胃が弱い方は、野菜をしっかり食べて胃を根本から強くすることが大事です。

胃腸を強くする食べ物としては、キャベツやブロッコリーがおすすめです。

キャベツ・ブロッコリーには胃酸過多を抑えるビタミンUが含まれています。
そのため、野菜をしっかりとってビタミン類をバランスよく取ると、胃酸過多を防ぐことが出来ます。

自炊などをしない、外食続きでなかなか野菜の量がとれない方は青汁や野菜サプリでビタミン類を補給する方法がオススメです。

近年の青汁は抹茶風味で飲みやすく、牛乳割りで飲めば栄養抜群で、胃を健康にするのに役立ちます。

私はサンスターの青汁を愛用しています。

サンスター 粉末青汁




1杯150円ほどで飲めて、1杯で100g分の野菜に相当する栄養が取れます。
キャベツやブロッコリーも含まれており、胃腸を強くするにはぴったりです。

味や栄養素など、詳しくは感想記事を御覧ください。
www.hazimetetensyoku.com

青汁が苦手な人はサプリメントを使おう

青汁がどうしても苦手、サプリメントの方が良いという方にオススメなのは、小林製薬の野菜と酵素です。

小林製薬の『野菜と酵素』



小林製薬の『野菜と酵素』は野菜に含まれる酵素やミネラルだけでなく、胃腸の働きを整えるグルコン酸を多く含んでいるサプリメントです。
グルコン酸は腸内を整えるビフィズス菌を増加して腸内環境をしっかりと保護する働きがあり、胃腸の弱い方には必須の栄養素です。

タブレットタイプのサプリメントなので、1日の終わりに飲むだけで胃腸が強くなります。
これを飲むだけで腸内環境が整い、吐き気や胃痛、下痢、お腹の風邪などにかかりにくくなるのでオススメです。

外食続きで野菜不足になりがちな人は、3日に1回のペースでも良いので飲み続けると胃腸が強くなります。


ちなみに、二日酔いになったら、迎え酒で飲み直すという「迷信」がありますが、これは嘘ですから、絶対にしないようにしましょう。これは迎え酒によって酔うことで、二日酔いの状態を麻痺させているだけですから、全く体にもいいことがありません。

以上、胃にやさしい食事について、でした。
食生活に気をつけ、飲み過ぎに注意をして、胃に優しい生活をするよう心がけるのが一番ですよ。