体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

貯蓄型保険と掛け捨て保険の比較。どっちがお得なの?

死亡したり高度障害になった場合に保険金を受け取ることができる生命保険ですが、生命保険には「掛け捨て型」と「貯蓄型」があります。

掛け捨て型は月々の支払いが少なくてすみますが、払ったお金は戻ってきません。
一方貯蓄型の保険は月々の支払い額は高くなりますが、死亡することなく支払いが満期を迎える頃には払い込んだ以上の金額が戻ってきます。

「保険にはお金をかけたくないので掛け捨てでいい」と考える人もいれば、「掛け捨てはもったいないので、将来お金が戻ってくる方がいい」と考える人もいるようです。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、実際、判断基準が不明確で迷ってしまう人も多いと思います。

今回は貯蓄型保険のメリットとデメリットを知り、掛け捨てと比較をしながら保険を考えていきましょう。



貯蓄型保険にはいくつかの種類があります。
一般的に生命保険と呼ばれる終身保険と養老保険で、死亡保障のある貯蓄型保険です。老後資金の積み立てのためとして利用される個人年金保険、大学入学費用など子供の教育費の積み立てのために利用する学資保険なども貯蓄型保険です。

貯蓄型保険の最大のメリットは、保険の機能がありながら同時に貯金ができるという点です。
死亡や病気、怪我などいざというときの給付金がでるだけでなく、満期時や解約したときにもお金が戻ってきます。

また現在は超低金利であり、銀行に貯蓄しても殆ど利子はつきませんが、銀行より高い利率で積み立てることができ、毎月自動的に引き落とされるので、自分で貯金するよりも確実に貯めることができます。

さらに株や投資信託のようなリスクがありませんので、確実に貯めておきたいという場合におすすめです。

しかし貯蓄型保険にもデメリットはあります。
最大のデメリットは保険料が高いということです。

例えば同じ金額の死亡保障がある掛け捨て型の保険と月額保険料を比較してみると、貯蓄型保険は10倍近く保険料が高くなる計算になります。また何らかの原因でまとまったお金が必要になったとき、貯蓄型保険を途中で解約すると元本割れをする可能性があります。

特に契約後すぐに解約した場合は、殆どお金が戻ってこず、銀行預金のように自分の好きな時に引き出すことができません。
貯蓄型保険の多くは、契約した時点で将来戻ってくるお金が確定します。
そのため貯蓄型保険が戻ってくる時にインフレがすすんで物価が上がっていたら、もらえる金額が減ってしまったことと同じ状態になります。

定期預金よりはリスクが少ないですが、今後、貯蓄型保険を検討する際には、この点を注意する必要があります。
対策としては、保険金や戻り金が変動する外貨建てや変額保険、積み立て利率変動型保険などインフレリスクに強い保険を検討して見ましょう。

掛け捨ての保険は保険金が戻ってこない代わりに、安い保険料で手厚い保障が受けられるというメリットがあります。
保険料を少なくする分、貯蓄やローン返済などに当て、無駄な保障は削るという合理的な選択ができます。

そもそも保険は万が一のときのリスクに備えて契約するものですので、100%保障のみという掛け捨ての保険は無駄がない合理的な保険だともいえるでしょう。

しかし掛け捨て保険の多くは定期保険ですので、保障が受けられる期間が限られています。
保険期間が終了したら、一切保障が受けられなくなってしまいます。
たとえ保険期間の1日後に亡くなったとしても、保険金は1円も受け取ることができません。

このように生命保険はその人の年齢や病歴、家族構成、ライフプランなどによって大きく変わってきます。
株や資産運用ほどの大きなリスクがなく、定期預金より戻り率が大きい貯蓄型保険は貯蓄手段としてひとつの選択肢となります。

もちろん、自分でお金を管理し、資産運用ができる人は貯蓄型保険にこだわる必要はないと思います。

保険を検討する場合は、本当にその保険が自分に必要かを考えて加入するようにしましょう。